Enjoy with Balcony

憧れバルコニーをたのしむ

バルコニーでジム活!

おうちジムで、スポーツの秋を満喫

澄んだ空、爽やかな風。今年の秋こそ、何かスポーツを始めてみようと考えている方もいるのではないでしょうか。とはいえ、平日は忙しくてジムや教室に通う時間が確保できるかどうか……と二の足を踏んでしまうことも多いのでは?そこでおすすめなのが、自宅のバルコニーをジムとして活用すること!朝ごはんの前、家事や勉強の合間、入浴前など、隙間時間を使って好きなときに手軽に楽しめるため、あまり体を動かす習慣がない人でも続けやすいというメリットがあります。

注意したいのは、「音」と「安全」への配慮。バルコニーの物音は思った以上にご近所さんに響くため、大きな音がしたり激しい振動が発生する運動は避けましょう。また高さのある道具に乗ったり、落下する危険性のあるものを振り回したりするのもNG。ヨガやピラティスなどの動きをイメージしながら、ゆったりとした気分で体をほぐしたり伸ばしたりする運動がよいでしょう。

持ち運び可能な道具で、即席ジムが完成!

バルコニーでは大型の器具を置いたり、激しく動き回ったりすることはできませんが、持ち運び可能な道具を使うことで簡単に自分仕様の“バルコニージム”をつくることができます。クレガーレおすすめのアイテムと運動法をご紹介しましょう。

■ トレーニングマット

床に敷いて運動を行うことで、体への負担を抑えたり、振動や音を軽減したりすることができます。滑りにくい素材でできているので、手足をしっかりと踏ん張ることができ、ヨガやピラティスなどを正しいポーズで行えます。腕立て伏せや腹筋などの筋トレにもおすすめ。マットは折りたたんだり丸めたりして収納しやすいのもうれしいポイントです。

■ ストレッチ用のポール型クッション

長細い円柱の形をしたストレッチ用クッション。クッションの上に仰向けに寝てエクササイズを行うことで、肩・骨盤・背骨のゆがみ・コリをほぐすことができます。肋骨が開くことで深い呼吸ができるようになることから、リラクゼーション効果もあると言われています。基本的には仰向けで行うストレッチなので、日が暮れてから月明かりや星を眺めながら行うと、リラックス効果がさらに高まりそうですね

■ バランスボール

腹筋や背筋など体幹まわりのエクササイズにぴったりのバランスボール。バルコニーで使う場合は、ボールを弾ませたり持ち上げたりすること、不安定な姿勢をとることは控え、椅子のように腰かけてじっくりと体幹を鍛えていくのがよいでしょう。目を閉じて瞑想したり、コーヒーやハーブティーを飲んだり、読書をしたりしながら、のんびりとエクササイズを楽しんで。

■ ストレッチチューブ

体の一部にひっかけることで、効率良く筋肉に負荷をかけたり気持ち良く関節を伸ばしたりできる、伸縮自在のチューブ型器具。二の腕、お尻、お腹など、気になる部位にピンポイントで効くエクササイズを行うことができます。

道具を使わなくても、マットさえあればヨガやピラティスなども楽しめます。

詳しくは「風を感じる親子ヨガ」をご覧ください。
その他、洗濯物を干す際などに、バランスサンダルを使うのもおすすめ。履くだけで体幹まわりを鍛えることができます。本格的にスポーツを始める前の“習慣づけ”として手軽に楽しむ「バルコニージム」、家族でトライしてみませんか。