CREGARE Qualityクレガーレの特長

なぜ、バルコニーにクレガーレ。
その理由とは?

空間に「つながり」と「広さ」が生まれる

インテリアテイストや室内のフローリングの色に合わせて
タイルでバルコニーを彩ることで、
リビングと視覚的に連動し、ひとつながりの空間にように見せることができます。
限られたマンション空間の中で、生活空間を外に向けて広げることができます。

段差が少なくなり、室内感覚で移動できる

最近のマンションでは、室内とバルコニーの段差が以前よりも少なくなり、
室内感覚でバルコニーを活用している住まいが多く見られます。
クレガーレを敷くことで、さらにバルコニーとの段差が少なく
フラットになるため、スッと外に出やすく、使いやすいバルコニーに変わります。

でも、お掃除が面倒だし、
バルコニーの下地は大丈夫かな?

手軽なお手入れでキレイをキープできる

磁器質タイルは汚れがつきにくく、簡単な水洗いで表面の汚れは落とせます。
目地のすき間にごみなどが詰まった場合は、掃除機で吸い取るだけ。
タイルの裏側には十分な排水空間があるので、ごみ詰まりや雨水が残るのも防げます。

  • 土埃など汚れがついても、水をかけるだけで表面の汚れが浮き上がります。

  • デッキブラシで軽くこすると元通りのきれいなタイルに戻ります。

  • 目地のすき間に入ったごみは掃除機で吸い取ってください。

  • タイルの裏面には十分な排水空間。20mm/hの豪雨もスムーズに流します。

紫外線や傷からバルコニーの下地を守る

日光や風雨にさらされて、そのままでは劣化が進みやすいバルコニー。
バルコニータイルで保護することで、防水層の傷みや劣化を防ぐことができます。
防水下地にやさしい設計のRIENAシリーズもご用意しています。

  • バルコニータイルが紫外線をガードし、防水層の劣化を抑えます。

  • うっかり重い鉢などを落としたときに、防水層が傷つくのを防ぎます。

DIYで自分で敷けそうだけど、
どこが違うの?

強風対策を考えた部材と施工で安心

DIYでご自身でタイルを敷く場合との違いは、強風への対策。
風の吹き込みやすい形状のバルコニーや高層階でタイルを使用する場合、
強風でタイルが浮き上がったり、飛び散る恐れがあるため、
設置条件に配慮した専用部材とプロの手による施工がおすすめです。

  • そのままでも外れにくい高強度な連結部

  • 通常の風対策

    タイルの浮き上がりや飛散を抑える端部カバー材で、タイルの周囲を覆います。

  • 高層階の場合

    端部カバー材に加え、風を抜いてタイルの浮きを防ぐネットタイプのタイルを設置。

すべておまかせで、隅々まで美しく仕上がる

ご自身で施工する場合、タイルの運搬やタイルの割付はもちろん、
細かな端部の仕上げまで行う必要があります。
クレガーレなら、搬入から施工、後片付けまですべてプロにおまかせ。
細部まで美しく、作り付けのバルコニーのように仕上げます。

  • 避難ハッチのまわり

  • 排水口のまわり

  • 複雑な形状の
    バルコニーでも
    キレイに仕上がる

  • L字の凹凸や室内とのすき間

  • 変形のコーナー部

タイルカット施工でこだわりの仕上がりに

複雑な形状のバルコニーもプロの手にかかれば、ここまで美しく。
隅々までタイル調で仕上げたい方には、タイルカット施工にもご対応いたします。

  • 変形バルコニーの端部

  • サッシとの微妙なすき間

  • せっかくなら
    プロの施工で
    こだわりを実現

木目の化粧シートや
ウッドデッキとの違いは?

化粧シートにはない空間の一体感

備え付けの化粧シートにはない、「選べる楽しさ」があるのがクレガーレの魅力。
お好みの室内テイストに合わせて、コーディネイトを楽しんだり、
室内との段差を減らすことで、よりフラットで一体感のある空間に仕上がります。

  • マンションに備え付けの化粧シート。

  • 室内フローリングと色調をあわせたタイルに。

  • 室内との一体感がさらに強調されます。

さらに段差が少なく、安心なバルコニーに

化粧シートが敷かれただけの通常のバルコニーにクレガーレを敷くことで、
室内とバルコニーとの間にある段差を減らすことができます。出入りがしやすくなり、
つまずきも防ぐので小さなお子様やご高齢の方がいても安心です。

  • 化粧シートだけでは
    段差が大きいバルコニー。

  • 化粧シートの上からクレガーレを敷くことで、室内との段差が少なくなり、
    フラットなひとつながりの空間として活用できます。

色あせず、手間の少ないウッドデッキもご用意

タイルよりもウッドデッキをお好みの方には
連結型で置き敷きタイプの「ジョイントデッキ」をご用意。
天然木のような色あせがない合成木材を使用しているので、
塗り直しや大規模修繕時の取り外しなど、余分な手間がかかりません。

  • リサイクルした木粉と樹脂を素材に使用。本格的な木の質感と色あせのない耐久性を両立したデッキ材です。

  • 並べて連結するだけの置き敷きタイプ。取り外しや再施工ができるので、大規模修繕などメンテナンスが容易です。