積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

Global

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

製品紹介 products infomation

下水道管路更生 SPR工法   インフラ.gif

<日本下水道協会規格2類認定資機材> 硬質塩化ビニル製管更生材

下水道管路更生 SPR工法

中・大口径の老朽化下水道を更生するSPR工法。マンホールから製管機を管路内に搬入・組立し、管内側に硬質塩化ビニル製のプロファイルを用いた更生管を築造。裏込めを注入し、更生管と既設管を一体化する工法です。
さらにハートSPR工法なら製管と同時に裏込め材注入作業を行い、工程の短縮が図れます。製管方式は自走式を基本としますが、人が入れない管路には元押し式で対応。自走式は円形、矩形、馬蹄形の管路に対応します。

適用管径:250~5000mm

  • 資料ダウンロードはこちら
  • マイフォルダに追加

    ※ご利用には会員登録が必要です。

  • 製品情報

    SPR

    特長

    1.作業に支障のない水量なら通水しながら施工可能
    2.自走式製管機を用いることで円形、矩形、馬蹄形、背割り管にも対応
    3.開口部(φ600程度の人孔蓋)があれば、機材や資材の搬入が可能なため、開削が不要
    4.曲線や長距離製管にも対応
    5.管路の任意の位置で部分施工が可能
    6.新管と同等以上の管路(強度・流量)に復元
    7.浸入水をシャットアウト
    8.既設管をそのまま活かして更生するため、廃棄物がでません

    SPR

    製管方式

    SPR工法の自走式 既設管:900~5,000mm  円形、矩形、馬蹄形など

    既設管内を製管機が自走し、更生管を製管しながら進みます。

    特長

    ・人が入って作業可能な大口径管路に用います。
    ・円形、馬蹄形、矩形、などあらゆる断面形状に対応できます。
    ・長距離、曲線製管などにも対応できます。

    SPR
    SPR工法の元押し式 既設管:250~900mm  円形のみ

    マンホール内に設置した製管機でプロファイルを嵌合させ,既設管に挿入していきます。

    特長

    ・人が入れないような管路に用います。

    SPR
    SPR工法のハート式 既設管:800~3,000mm  円形のみ

    更生管を製管と同時に高粘度のモルタルを注入し、既設管と付着・一体化します。
    自走式と同様に管内を製管機が前進しながら更生していきます。

    特長

    ・製管と同時に裏込め作業を行います。
    ・支保工、裏込め注入作業が必要なく、工程の簡略化が図れます。

    SPR
    SPR

    各種施工

    部分施工

    管路の一部分だけの補修が必要な場合においても本工法で対応可能です。既設管と更生管との段差はセメント系止水剤等で水流を防げないようにテーパー仕上げします。

    SPR

    ※部分施工は自走式φ900~で対応します。

    勾配修正

    管路の勾配を修正する場合には裏込め材による浮力を利用したり、管底に事前にモルタルを注入して勾配を調整します。

    SPR

    ※勾配修正は自走式φ900~で対応します。

    特殊形状対応(背割り管)

    円形、矩形、馬蹄形のみならず背割り管もSPR工法ならスピーディに更生できます。

    SPR

    SPR工法

     

    SPRバナー

     

    SPRバナー

    資料ダウンロード

    資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
    改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
    PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。

    この商品へお問い合わせ
    この商品へお問い合わせ

    ▲ Top

    ×

    3分で登録

    会員登録・ご利用は無料!
    さらに便利に利用できます