新着情報

2007年3月25日に発生した能登地震によるドロップシャフトへの影響を調査しました

比較的震源地に近い石川県輪島市では、下水の高落差処理工として、『エスロンらせん案内路式ドロップシャフト』を2基ご採用頂いております。今回は、現地での調査内容をレポートいたします。
 
こちらから記事をご覧下さい。

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

  • メールでのお問い合わせ
  • 新製品・注目商品
  • NETIS
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分