新着情報

建物配管のサプライズ! 耐火VPパイプ、遂に登場しました。

 積水化学工業株式会社(社長:大久保尚武、以下当社)は、耐火性能を持った建物排水・通気用硬質ポリ塩化ビニル管および継手【商品名「エスロン耐火VPパイプ〈FS-VP〉(以下、耐火VPパイプ)」・「エスロン耐火DV継手〈FS-DV〉(以下、耐火DV継手)」】10月から全国で発売します。
 当社は今年、主力製品である硬質ポリ塩化ビニル管(以下、塩ビ管)「エスロンパイプ」の発売から55周年を迎えました。この節目の年に、業界初となる耐火性能を持つ塩ビ素材の開発に成功、建物排水・通気分野における塩ビ管のさらなる需要拡大を図ります。
 

1.耐火VPパイプ・耐火DV継手の製品概要

 今般発売する耐火VPパイプは、三層構造の塩ビ管で、内外面の硬質ポリ塩化ビニル層と、高温になると大きく膨張し断熱・耐火層を形成する特殊配合の中間層からなる、業界初の耐火性プラスチック管です。
 パイプ同士をつなぐ耐火DV継手にも独自の燃焼遅延配合を採用しています。
 建築物の防火区画の貫通部分に耐火VPパイプと耐火DV継手を組み合わせて使用することにより、耐火被覆処理などを施さなくてもプラスチック管のみで火災時の延焼を防ぐ画期的な塩ビ管材です。

<耐火VPパイプ、耐火VP継手の概要>

FSVP概要

 

<耐火メカニズム>

FSVPメカニズム

 

2.耐火VPパイプ・耐火DV継手の性能
1)塩ビ管のみで防火区画貫通が可能

 これまでプラスチック管を建築物の防火区画貫通用に使用する場合、貫通部分を耐火被覆するなどの処理が必要でした。耐火VPパイプ・耐火DV継手は、プラスチック製でありながら耐火性能を持つためその処理の必要がなく、初めてプラスチック管のみで区画貫通を可能にしました。
※国土交通省大臣認定及び(財)日本消防設備安全センター性能評定(共住区画・令8区画)を取得
 

2)従来の塩ビ管の優れた性能も保有

 機械強度などの物性の他、耐食性や耐薬品性能など、従来の塩ビ管の優れた特長も維持し、排水・通気管として充分な性能を保有しています。
 
  ■耐火VPパイプ・・・硬質ポリ塩化ビニル管(VP管)JIS K6741を満たす
 
  ■耐火DV継手・・・・・排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手(DV継手)JIS K6739を満たす
 

3.耐火VPパイプ・耐火DV継手の特長

 現在、国内の建物排水・通気用配管には、鋳鉄管などの鋼管や、塩ビ管をモルタル被覆した耐火二層管などが使われておりますが、耐火VPパイプ・耐火DV継手は、耐火被覆を必要とせずプラスチック管のみで耐火性能が発揮できるため、主に次の5つの点において使用メリットがあります。
 

<5つのメリット>

            1)施工 :軽量、易施工(目地埋めなし)。工期短縮
            2)設計 :被覆材がなく、貫通径小さい(構造強度有利)
            3)環境 :無機物端材、粉塵なし
            4)耐久性 :オールプラスチックにより、サビなし
            5)コスト :材料、施工コスト削減可
 

4.主用途と製品種類
1)主用途

集合住宅および一般建築物の排水・通気管
 

2)製品種類(第一次品揃え)

■耐火VPパイプ(長さ:4,000mm) 呼び径40~125mm 6品種
■耐火DV継手 呼び径40~125mm 56品種
 

5.配管事例
FSVP適用事例

 

6.禁止事項
FSVP禁止事項2

 

7.資料ダウンロード
8.この製品のお問い合わせ先

       1)電話でのお問い合わせはこちらから
       2)メールでのお問い合わせはこちらから
 
 
エスロンタイムズon the webでは、本製品の発売に合わせて、より詳しくご紹介していきます。どうぞご注目下さい。

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

  • メールでのお問い合わせ
  • 新製品・注目商品
  • NETIS
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分