製品紹介

強度や特性上の問題から構造材として用途が制限されがちだった合成木材。そうした問題点を解決し、プラスチック発泡体の概念を打ち破った画期的な新素材がエスロンネオランバーFFUです。天然木材の風合いをもち、しかも軽くて強く、腐食もしません。FFUは天然木材に替わる素材としてあらゆる分野で使用され、自然環境保護にも役立ちます。
 
FFUでこんなものできないか?等も下記お問合せボタンよりお送りください(用途、形状、寸法等をご記入ください)。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。

製品情報

FFU基本情報1 メインイメージ

天然木材のすぐれた特長をプラスチックで実現したのが軽量耐食構造材"FFU"。
木材の風合いをもち加工もしやすい。
しかも強いのに軽く、腐食することもない画期的な合成木材です。
分野を問わない"FFU"の真価をご覧ください。

特長

FFUの構造・特長

エスロンネオランバーFFUは熱硬化性樹脂発泡体(硬質ウレタン樹脂)をガラス長繊維で強化したものです。ガラス長繊維はモノフィラメント状態まで均質に分散しており発泡体は完全な独立気泡を保っています。

天然木材とプラスチックの特長を兼ね備えています
  • 天然木材と同様の比重です。

  • 天然木材と同等以上の強度を持ち、強度変化も殆どありません。

  • 天然木材と同様の加工(釘打ち、木ねじ、接着、溝切り、穴加工、塗装)ができます。

  • 独立発泡体のため、長期間水中に浸漬しても給水はほとんどなく、寸法・強度ともにほとんど変化がありません。

  • 海水、酸、アルカリ等に対してすぐれた耐薬品性をはっきします。

  • ウレタン樹脂とガラス繊維でできており、給水体ではないため電気絶縁性が低下しません。

  • プラスチック発泡体ですから他の構造体に比べて、熱伝導が小さく、保温・保冷性にすぐれています。

  • 天然木材のような防腐・防蟻処理は必要ありません。

  • 長手方向は線膨張係数が小さく、吸湿・乾燥による伸縮がほとんどありません。

  • 連続引き抜き成形で生産されており、長尺品の製造が可能です。

性能

用途や目的に応じて、最適なタイプを選定。エスロンネオランバーFFUの基本物性をお確かめください。

FFUの種類別基本物性

項目 FFU-50 FFU-74 FFU-40N 備考 測定方法
物理的性質 比重 0.50 0.74 0.40 JIS Z 2102(準拠)
吸水量 mg/cm2 6 3.3 10 JIS Z 2101(準拠)
機械的性質 曲げ強さ(タテ)
MPa
[kgf/cm2]
70.60
{720}*
146.11
{1490}
34.34
{350}
JIS Z 2101(準拠)
曲げ強さ(ヨコ)
MPa
[kgf/cm2]
6.37
{65}
- 3.92
{40}
JIS Z 2101(準拠)
曲げヤング係数
MPa
[kgf/cm2]
6.37X103
{6.5X104}
10.60X103
{10.8X104}
3.92X103
{4.0X104}
当社規定
全圧縮強さ(タテ)
MPa
[kgf/cm2]
29.42*
{300}
57.85
{590}
14.72
{150}
JIS Z 2101(準拠)
部分圧縮比例限強さ(ヨコ)
MPa
[kgf/cm2]
2.45
{25}
8.82
{90}
0.98
{10}
JIS Z 2101(準拠)
剪断強さ(タテ)
MPa
[kgf/cm2]
3.43
{35}
10.00
{102}
1.47
{15}
JIS Z 2101(準拠)
衝撃強さ(シャルビー)
J/cm2
[kg-cm/cm2]
14.7
{150}
41.2
{420}
- JIS Z 2101(準拠)
熱的性質 線膨張係数(タテ)
1/℃
1.0X10-5 1.0X10-5 - JIS K 6911(準拠)
熱伝導率W/(m・k)
[kcal/m・hr℃]
0.057
{0.049}
- 0.049
{0.042}
JIS Z 1413(準拠)

※注意
上記物性値は標準値であり、保証設計値ではありません。設計数値についてはご相談ください。
FFU-40N、FFU-50はJIS準拠による測定方法。
※印は厚み25mmによる測定値です。
JIS Z は日本産業規格の木材の試験法です。

用途や目的に応じて、最適なタイプを選定。エスロンネオランバーFFUの基本物性をお確かめください。

項目 FFU-50 合板
(タイプ1)
FPR
(ハンドレイアップ)
硬質塩ビ
(PVC)
比重 0.50 0.55 0.55 1.7~2.1 1.47
吸水量 mg/cm2 6 100*1 80 - -
曲げ強さ(タテ)
MPa
[kgf/cm2]
70.60
{720}*2
73.54
{750}
44.91
{458}
123.6~205.9
{1260~2100}
88.25
{900}
圧縮強さ(タテ)
MPa
[kgf/cm2]
29.42
{300}
39.22
{400}
37.16
{379}
103.0~205.9
{1050~2100}
68.64
{700}
圧縮強さ(ヨコ)
MPa
[kgf/cm2]
2.45
{25}
- 3.43
{35}
- -
剪断強さ
MPa
[kgf/cm2]
3.43
{35}
7.35
{35}
- - -
衝撃強さ(シャルビー)
J/cm2
[kg-cm/cm2]
14.7
{150]
- - - 0.59~0.69
{6~7}
曲げヤング係数
MPa
[kgf/cm2]
6.37X103
{6.5X104}
8.8X103
{9X104}
5.3X103
{5.4X104}
9.6~13.7X103
{9.8~14X104}
3.14X103
{3.2X104}
線膨張係数(タテ)
1/℃
1.0X10-5 - - 2X10-5 6~8X10-5
線膨張係数(ヨコ)
1/℃
4.8X10-5 - - - -
熱伝導率W/(M・K)
[kcal/m.hr.℃]
0.057
{0.049}
0.095
{0.082}
0.113
{0.097}*3
- 0.151
{0.13}
体積固有抵抗
Ω-cm
1.013X1014 - - - 1015
耐電圧
KV
25以上 - - - 40以上
出展 当社測定 木材工業
ハンドブック
当社測定 非金属データブック 当社カタログ

※注意
※1.当社測定値。
※2.厚み25mmによる測定値。
※3.文献値。
合板タイプ1とは構造用合板1級のことです。

規格選定表

用途・目的に応じてお選びいただける豊富なバリエーション

各業界の物質規制に適合

画期的な新素材として、幅広い産業分野で活躍するエスロンネオランバーFFU。用途や目的に応じて豊富なバリエーションから最適なタイプをお選びいただけます。(選定につきましては当社にご相談ください。)

特長 寸法 特長 主な用途実験
厚み 長さ
FFU-50 10 600 4000 標準タイプ比重0.4のFFUの生産についてはご相談ください。
水処理

覆蓋、角落し、セキ板、フロキューター羽根、ドア、ガラリ、整流板、迂流板、仕切り板、傾斜版

工場施設

床板、歩廊、ピット蓋、薬液槽、水槽、作業台、架台、根太材、パレット、冷凍庫

水産・養殖施設

孵化槽、養殖槽、活魚槽、歩廊

電設

クリート、管枕

車輌・船舶

根太、FFU船、デッキ、バルクヘッド、ブリッジ

スポーツ・公園施設

パーゴラ、橋、案内板、あずま屋、バックスクリーン、テニス練習板、スコアボード、浮桟橋、吊り橋、遊歩道、スキー板芯材、水車、プール部材

建築

バルコニー、フロアー材、土台、梁、根太、束、屋根、桟木

鉄道

歩道板、大三帆条保護板、プラットホーム

15
20
25
30
40 180
200
4000
50
60
70
50 50 4000
60 60
70 70
100 100
50 100
100 120
FFU-74 40 180
200
4000
鉄道

まくらぎ(橋、分岐、並、短)

土木

受圧板、SEW土留め壁

50
60
70
FFU-40N 20 300 9600 片側表面に無発泡層のあるタイプです。
車輌

トラック荷台材

25 300

※印は受注生産となります。
上記以外のサイズについては別途ご相談ください。
(長尺物、カット品もロットにより対応できます。)
加工、塗装、組立などについても御注文承ります。

加工の種類

プラスチックの特性を持ち、木材と同様の加工ができます。

エスロンネオランバーFFUは基本的には木材と同様の加工ができます。ただし、従来の木工用の工具では切断時の刃物の摩耗が早いので、超硬チップソーや金属用ジグソーなどをご使用ください。また刃物の厚みは3mm程度のものが適当です。

一般注意事項

A.設計上の注意

  1. 方向性について
  2. 表面について
  3. 塗装について
  4. 接合について

B.加工する際の取扱い注意

  1. ガラス繊維の衛生性について
  2. サンディング処理について
  3. 保管について
  4. 接合について
  5. 切断加工について

C.接着接合について

  1. 接着剤取扱上の注意
  2. 接着剤の選定
  3. 接着剤の塗布及び使用量
  4. FFU同士の接着
  5. その他の接合について

D.塗装について

  1. 塗装を必要とする場合
  2. 塗装の選定
  3. 下地処理
  4. 塗装
  5. 特殊表面仕上げについて

E.機械接合について

  1. 釘接合
  2. 木ネジ接合
  3. ボルト接合

公的認証

受賞歴

各分野における公的認証が裏付ける潜在能力の高さ

エスロンネオランバーFFUのすぐれた特性は、水処理分野をはじめ、多くの認証を取得しています。あらゆる産業分野で安全にご使用していただける素材です。

1.公的認証
  • 日本下水道事業団標準仕様書(1980年フライト板、1982年蓋、角落し)
  • 運輸省(現 国土交通省)「FRP船の特殊基準」材料認定取得(1981年)
  • 日本海事協会「FRP船原材料」承認取得(1984年)
  • JR、私鉄、地下鉄の軌道用まくらぎに本格採用(1987年)
  • 建設省(現 国土交通省)「枠組壁工法の床下部材」大臣認定取得(1992年)
  • 住宅金融公庫「FFU床組材標準施工仕様書」特記仕様書認定(1992年)
  • (財)土木研究センター「NMグランドアンカー」公募型技術審査証明取得(1994年受圧板)
  • (財)土木研究センター「シールド直接発進到達工法『SEW工法』」建設技術審査証明取得(2001年SEW土留め壁)
2.顕彰
科学技術庁長官賞 1978年度受賞
FFU基本情報6 科学技術庁長官賞

エスロンネオランバーFFUの製造技術を開発した功績により受賞しました。

デミング賞 1979年度受賞
FFU基本情報6 デミング賞

総合的品質管理にすぐれた企業として受賞しました。

大河内記念技術賞 1979年度受賞
FFU基本情報6 大河内記念技術賞

エスロンネオランバーFFUの発明により産業上に顕著な業績を挙げた功績により受賞しました。

国土技術開発賞(SEW工法)2003年度受賞
FFU基本情報6 国土技術開発賞(SEW工法)

SEW工法が、建設産業における優れた新技術開発と評価され受賞しました。

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分