製品紹介

既設マンホールの残存強度に関係なく自立更生させる工法です。更生材は工場2次加工製品なので仕上がりがキレイ、また下水道供用下でも施工が可能です。
管体質量はコンクリートの約1/5と軽量で、短期間で設置可能。さらに腐食にも強く性能的にも優れています。

本工法は、(公財)日本下水道新技術機構「下水道用マンホール改築・修繕工法に関する技術資料-2014年12月-」の自立マンホール更生工法に該当します。

資料ダウンロード

RCPマンホール02

RCPマンホール更生材

ステップ付です。
ステップ取付部外面はFRP積層により止水しています。

RCP

 

適用範囲
既設マンホールの内径使用RCP内径
1号900mm800mm
2号1200mm1100mm
3号1500mm1350mm
4号1800mm1650mm

 

施工手順

1.路面開削・斜壁撤去
2.事前処理(洗浄・突起物撤去)
3.RCPマンホール更生材加工
4.RCPマンホール更生材設置
5.裏込め材打設
6.インバート修復
7.RCP更生材上端仕上げ
8.斜壁設置・路面復旧

RCP9

 

施工例

1号マンホール(φ900) H=1.85m
RCP6

 

2号マンホール(φ1200) H=4.59m
RCP7

 

4号マンホール(φ1800) H=4.12m
RCP8
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分