INFORMATION

雨水排水の効率を高める新システム「陸屋根高排水システム」発売のお知らせ

積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤 敬太、以下 「当社」)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:平居 義幸)は、大型建物の雨水排水に対応する「陸屋根高排水システム」を5月9日に発売します。

「陸屋根高排水システム」は、大型建物に使われる「カラーパイプ」と、専用に開発した部材を活用してサイフォン現象を連続発生させることにより、高い排水能力を実現した雨水排水システムです。2018年に上市の傾斜屋根用の「大型高排水システム」に続いて、陸屋根構造の大型建物(物流倉庫・工場・店舗・事務所・教育施設・医療福祉施設など)の雨水高排水を可能にします。

1.背景

近年、短時間に猛烈に降る雨、いわゆるゲリラ豪雨が頻発するようになり、洪水や建物内への漏水などの被害が増加しています。大型建物の雨水排水設計においては、従来の降雨強度が見直され、雨水排水部材などが大型化される傾向にありますが、一方、原材料の高騰や労働力不足などの問題も懸念されます。

このような課題の解決を目的とし、当社は、2018年に業界で初めて大型建物用雨といを活用した傾斜屋根に対応する「大型高排水システム」を発売し、好評を頂いておりました。今回さらに、物流倉庫・工場・店舗・事務所・教育施設・医療福祉施設などの陸屋根(平面屋根)の大型建物への対応を可能にした雨水高排水の新システムを開発しました。

2.「陸屋根高排水システム」とは

専用部材「高排水マス」を使用する事で、連続的にサイフォン現象を発生させ満管状態で排水するため、排水能力が向上します。加えて、カラーパイプの豊富な色揃えにより、様々な建物のデザインに調和できます。

専用部材

高排水マス DVM75-150-90°

高排水マスに内蔵した「サイフォン誘発部材」が連続的にサイフォン現象を発生させ満管状態で排水するため、排水能力が向上します。

■陸屋根高排水システムの構成

※ここに記載するシステム構成図はイメージ図です。
※印の製品は弊社では取り扱っていません。別途、市販品をご用意ください。

■高い排水能力:75φで125Φ、150φと同等の排水能力を発揮します。これにより150φまでの配管を75φにサイズ変更できます。

排水能力の目安(竪とい1本あたりの屋根負担面積)

降雨強度:180mm/hr

ルーフドレン 従来排水※ 陸屋根高排水システム
150サイズ 150サイズ
502m2
VP75・VU75
502m2
125サイズ 125サイズ
308m2
VP75・VU75
308m2

※SHASE-S 206
給排水衛生設備基準・同解説(雨水横管の許容流量)配管勾配1/50より算出

3.メリット

①意匠性

竪といのサイズダウンにより、外観すっきり。さらにカラーパイプの豊富な色揃えで、様々な建物の外観デザインに調和します。

色揃え(竪とい1本あたりの屋根負担面積)

②施工性

配管を150φから75φにサイズ変更することにより、重量は約1/3に軽量化できます。荷扱いもスムーズになり施工性が向上し「工期短縮」に貢献します。また、現場での材料置場も省スペースになります。

③経済性

使用材料(150φ⇒75φ、配管設置本数)の減少、施工性向上、現場での工期短縮によりトータルコストが削減可能になります。

【参考】

「陸屋根高排水システム」リーフレットのダウンロードはこちら

「陸屋根高排水システム」の製品紹介ページはこちら

【本件に関するお問い合わせ先】

積水化学工業株式会社
環境・ライフラインカンパニー 建材事業部
お問い合わせはこちらから