製品紹介

<(一財)日本消防設備安全センター性能認定品>

● エスロハイパーAW消火管・継手[最高使用圧力1.2MPa]※1 ●

水道・建築用途として広くご採用いただいております、高性能ポリエチレン管「エスロハイパーAW消火管・継手」は(一財)日本消防設備安全センターの性能認定を認定※2を取得しています。

● エスロハイパーAW高圧消火管・継手[最高使用圧力1.6MPa] ●

またご好評につき、最高使用圧力1.6MPaでも認定※2を取得。
『エスロハイパーAW高圧消火管・継手』として登場しました。
管外面は4本の赤い線、受口継手には赤ラベルでAW消火管・継手との識別ができ、誤施工を防ぐことが可能です。

従来埋設消火管には外防VS管(消火用硬質塩化ビニル外面被覆鋼管)をご使用いただいておりましたが、耐食性、耐震性、施工性に優れた高性能ポリエチレン管「エスロハイパーAW消火管」での施工が可能※3になり、工場敷地内や屋外大型駐車場、マンション等埋設消火管が敷設される分野での施工性等の向上が期待できます。ぜひ一度ご検討下さい。

※1 エスロハイパーAW消火管は以前のエスロハイパーPE消火管から名称変更いたしました。
※2 平成13年消防庁告知第19号に基づき(一財)日本消防設備安全センターの性能認定を取得しています。
※3 使用箇所などについて不明な点は所轄の消防機関へご確認ください。

製品情報

エスロハイパーAW消火管・高圧消火管

ピックアップ

総務省消防庁よりの通知<令和2年 消防予第282号> 連結送水管埋設部へ樹脂管の使用が通知されました
連結送水管埋設部へ樹脂管の使用が通知されました

消火設備配管用高性能ポリエチレン管 エスロハイパーAW消火管/高圧消火管 施工手順動画一覧

施工手順動画を一覧ページにてご確認いただけます。一覧ページはこちらから。

syouka

基本仕様

エスロハイパーAW消火管・継手認定番号
呼び径 認定番号
50 PL-032号
65 PL-056号
75 PL-024-1号、2号
100 PL-023-1号、2号
125 PL-059号
150 PL-025-1号、2号
200 PL-036号

※使用箇所などについて不明な点は所轄の消防機関へご確認ください。


エスロハイパーAW高圧消火管・継手認定番号

最高使用圧力1.6MPaで認定取得

呼び径 認定番号
100 PL-060号
150 PL-061号

※性能認定品以外の品種を使用する場合は、消防法施行令第32条による申請が必要となります。
※連結送水管に使用する場合は、消防施行令第32条の申請が必要となる場合があります。詳細は別途、所轄消防へご相談ください。

特長

耐震性

高性能ポリエチレン管の高い柔軟性とEF接合により、
地震に強い一体管路を構築します。

耐食性

酸性、アルカリ性土壌でもOK。電食の心配もありません。

施工性

軽量なため取り扱いやすく、施工効率がアップします。

接合は確かな信頼性のEF接合

管の接合はEF接合方式を採用しているため、管と継手が一体化します。

EF接合
継手部の腐食した外面被覆ライニング鋼管

さらにエスロハイパーAW高圧消火管では

耐圧性

エスロハイパーAW消火管より高圧の最高使用圧力1.6MPaで認定を取得しています。

視認性

管外面には4本の赤い線、受口継手には赤ラベルで識別。誤施工を防ぐことが可能です。

高圧消火管の視認性

適用範囲

<適用消火設備>

●屋内消火栓設備 ●屋外消火栓設備 ●湿式スプリンクラー設備 ●湿式水噴霧消火設備 ●湿式泡消火設備(消火剤混合装置の一次側の水配管に限る)
上記の埋設部を主とした水配管部分にご使用頂けます。

※平成13年消防庁告示第19号(消防予第102号)では連結散水設備及び連結送水管は対象としていないこととされております。詳細は別途、所轄消防へご相談ください。

適用範囲

注)防火区画貫通部や火災時に熱の影響を受けるおそれのある部分では使用できません。

軽易耐熱性試験に合格している管・継手(PL-024-2号(呼び径75)、PL-023-2号(呼び径100)、PL-025-2号(呼び径150))は、湿式スプリンクラー設備の天井部部分の管等であって自動式の消火設備の有効範囲にある場合、使用できます。
金属製フランジ付の継手(=フランジ短管)は認定に含まれていませんので、使用する場合は50mm以上のロックウール被覆を行なってください。
エスロハイパーAW高圧消火管や、呼び径75、100、150以外のエスロハイパーAW消火管は、軽易耐熱性試験に合格しておりませんのでご注意ください。

注)屋外露出配管には使用できません。紫外線暴露に対する防護措置が必要です。
注)管の可とう性により、水圧試験時に時間の経過とともに若干の水圧低下を起こすことがあります。

コスト比較

材・工で共にコストメリットあり
高圧消火管の視認性
公共建築工事積算用歩掛り ハイパー

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
施工ハンドブック 形式 ファイル マイフォルダ
EF継手チェックシート(水道・給水・空調・消火共通) (58KB) XLS ダウンロード

関連製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分