課題解決

近年、工場を取り巻く環境は一層厳しさを増していく一方で、さまざまな原因で発生する配管からの漏洩の懸念は相変わらず続いています。中でも屋外使用や薬液配管など過酷な状況下では配管寿命を予測することはこれまで困難とされてきましたが、長年にわたる豊富な知見を活かし、配管の劣化を診断する手法を確立しました。

工場塩ビ配管劣化調査(変色・白化・薬液劣化)のイメージ

屋外配管(紫外線劣化)

屋外塩ビ配管の紫外線劣化。白化や黒化、強度低下よりクラックが発生します。配管をご使用中のまま流体を止めずに表層をサンプリングし、表面劣化度、強度低下の測定を行い、継続使用可否を診断します。

屋外配管(紫外線劣化)のイメージ

薬液配管(薬液劣化)

薬液劣化は、複合的な要因で発生するため症状も様々です。流体を止めて配管を抜き取り最大7項目の試験を行うことで、劣化レベルの診断を行います。

薬液配管(薬液劣化)のイメージ

特長

  • ①塩ビ管に関する長年にわたる豊富な知見、データベースを生かして的確な診断をします。
  • ②サンプリングでの劣化レベルの診断結果により、配管全体の調査が必要な箇所が特定できます。
  • ③今後劣化が起きそうな箇所の特定により、定期的な改修計画立案と改修費用の平準化に役立ちます。

劣化診断の進め方

劣化診断の進め方のイメージ

課題解決製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分