積水化学のNETIS登録製品・工法は、公共工事におけるコスト縮減、
品質・安全の確保、環境の保全と共に、施工の運用の省力化にも貢献します。

国土交通省が運用している新技術に係る情報を、共有及び提供するためのデータベースです。
平成10年度より運用を開始し、平成13年度よりインターネットで一般にも公開。有用な新技術の情報を誰でも容易に入手することが可能です。

公共工事等における新技術活用システム

  1. Point1

    民間事業者等により開発された有用な新技術を公共工事等において積極的に活用していくためのシステムです。

  2. Point2

    新技術情報提供システム(NETIS)を中核とする新技術情報の収集と共有化、直轄工事等での活用導入の手続き、効果の検証・評価、さらなる改良と技術開発という一連の流れを体系化したものです。

  3. 新技術の峻別による有用な新技術の活用促進と技術のスパイラルアップを目的として、事後評価に重点をおいた『公共工事等における新技術活用システム』として本格運用しています。

施工者へのメリット

新技術を活用すると、その効果に応じて工事成績評定での加点の対象となります。

工事成績評定への加点について

主任技術評価官で最大3点の加算
よって、実加点は3×40%=最大1.2点となります。

★配点は、提案を行った地方整備局等によって異なりますので、詳細については地方整備局等の申請・相談窓口までお問い合わせください。

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分