製品紹介

次世代型(共用FA方式)で導入された共用FA管は、一つの分岐管から複数事業者のケーブルを引込むことを特徴としますが、引込み条件や費用負担等の事情により、民地内での各ケーブルの配管を分離する場合があります。引込分散継手は、電線共同溝で整備される官地内は、φ75(PV管)で配管し、民地内を各事業者毎に、ケーブル径に合った配管を行うための変換継手です。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
カタログ 形式 マイフォルダ追加
エスロン電力・通信ケーブル保護管カタログ (10,252KB) PDF

引込施工事例

通信管引込連系部材_システム施工例

製品仕様

 引込分散継手は、分岐管からPVφ75またはφ50で適宜配管し、PVφ50およびPVφ25に変換します。

PV50/PV50×1+PV25×2 【品番:B5012】

口径をφ50×1条とφ25×2条に変換します。

電力通信・引込分散継手
PV75/PV50×1+PV25×3 【品番:B7513B】

口径をφ50×1条とφ25×3条に変換します。

電力通信・引込分散継手
PV75/PV50×2+PV25×2 【品番:B7522B】

口径をφ50×1条とφ25×3条に変換します。

電力通信・引込分散継手

 ※東京都電線共同溝整備マニュアル仕様品です。

適用概要

 引込分散継手は、通常官民境界位置の官地側に設置します。電線共同溝の本体工事に含まれます。

電力通信・引込分散継手

 

施工例

通信管引込連系部材_施工例

 

関連部材

通信管引込連系部材_関連部材

関連製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分