製品紹介

<国土交通省、日本海事協会、日本鉄道車両機械技術協会認定>

カルムーンシートは素材開発のパイオニアであるセキスイが開発した貼り合わせタイプの拘束型制振シートです。

・金属層と制振樹脂層から構成されています。
・振動エネルギーを樹脂が熱エネルギーに変換して吸収します。

 軽量、薄肉にもかかわらず、高い振動吸収性能を発現するカルムーンシートは、鉄道騒音をはじめとして、様々な分野の振動対策、騒音対策として使用されております。しかも樹脂自体に粘着性があるので、誰でも簡単に施工できます。
振動や振動による騒音問題解決に是非お試しください。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。

製品情報

カルムーン 素材

振動・騒音を軽減

低周波振動から高周波振動まで幅広く対応し、優れた制振性能を発揮します。騒音・振動問題の解決に

低周波振動から高周波振動まで対応できる優れた制振性能

カルムーンシートは低周波から高周波まで周波数に依存することなく、優れた振動吸収性能を発揮します。

カルムーン 素材
カルムーン 素材

【測定方法】厚み1.6mmのSPC鉄板に防音材を貼合し、JIS G 0602準拠、中央加振法にて測定(20℃)半値幅法にて損失係数を算出

共振のメカニズムを知る
共振の低減に効果を発揮

カルムーンシートはビビリ振動の原因であった共振の低減に効果を発揮します。
しかも施工が簡単なため、発生してしまった共振を事後に簡単に低減することができます。

共振とは
振動体が一定の境界条件におかれることで固有振動数(共振周波数)を持つようになります。この固有振動数(共振周波数)に一致した周波数の振動が与えられると共振という屈曲振動を引き起こし、その振動体が激しく振動するようになります。
カルムーン 素材

騒音低減事例のご案内

カルムーンシートを使用した騒音低減を実現した各種事例をご紹介いたします。

カルムーン 素材

カンタン&安全性能

貼るだけのカンタン施工で確かな性能を実現。

カンタン施工で、安定した性能を実現します。

カルムーン 素材

カルムーンシートは薄く従来品より軽量なため、取扱いがとてもカンタン。特に高所作業での安全性・作業性に優れています。鉛等、従来の防音材や遮音材は全面に貼る必要があるため、周辺部・接合部の処理が煩雑になりがちですが、カルムーンシートなら全面に貼る必要がないので、そのような問題は全くありません。

しかも樹脂層に粘着性があるため、離型紙を剥がして貼るだけで施工完了。 施工がカンタンなので施工のバラツキが無く、防音・遮音・制振性能も非常に安定しており、設計通りの防音・遮音・制振システム構築が可能です。

施工の前に
  • ■使用温度(環境)

    60℃以下 ・・・ 305K03S、305K58
    80℃以下 ・・・ RSSK25
    ※上記温度以上で使用する場合は弊社までご相談ください。

  • ■施工表面

    施工表面に油、水、埃等が付着している場合は十分清掃を行ってください。

  • ■施工温度:推奨10℃以上

    冬季での貼合時、シートの温度が10℃以下の場合にはシートの粘着力が低下していることがあります。その場合、シートを暖めて使用してください。

  • ■固定方法

    カルムーンシートを貼り付けた後、ビス固定またはアルミテープ止めして補強してください。

施工手順
  • 1.対象面のふき取り

    埃、粉、油分、水分等は十分に取り除いてください。

    カルムーン 施工まえに
  • 2.一部離型紙を剥がします

    剥がした離型紙は下図のように折ります。端部で手指等を切傷することがありますので、手袋等を着用してください。

    カルムーン 施工まえに
  • 3.貼合位置を合わせます

    剥がした離型紙がはみ出すように。

    カルムーン 施工まえに
  • 4.一部剥がした部分を押さえて仮止めします
    カルムーン 施工まえに
  • 5.貼り合わせ位置がズレていないことを確認した後、離型紙を引張り剥がし、順次シートをこすって貼ってゆきます

    カルムーンシートを貼り付けた後、ビス固定またはアルミテープ止めして補強してください。

    カルムーン 施工まえに
  • 6.離型紙を剥がし終えたら、全面を強くこすりつけて完成です

    必要に応じ、端部をコーキングしてください。こすりつける場合は、ウエス(布)等を用い、シートを傷つけないようにシート中央部から外側に向けて、十分にこすりつけてください。

    カルムーン 施工まえに
施工上の注意事項(禁止事項)
カルムーン 素材

人に、環境に、優しい

低揮発性で身体・環境に優しい製品です。

安心してご使用いただける、制振・防音材です。

各業界の物質規制に適合

カルムーンシートはCd、Pd、Hg、Cr+6、PBB、PBDE、DMFについて各物質規制RoHS(電気電子機器に含まれる特定有害物質使用制限指令)、ELV(廃自動車指令)、EU一般リコール指令に適合しています。

低いVOC放出量

シックハウス症候群の原因の1つとされるVOC放出量は厚生労働省の指針値よりも非常に低いレベルに抑えられています。ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆相当です。

■VOC規制対象物質
単位:μg/m3
室内濃度指針値 実測値
トルエン 260 15
テトラデカン 330 4
■アルデヒド化合物
単位:μg/m3
室内濃度指針値 実測値
ホルムアルデヒド 100 8
アセトアルデヒド 48 5

シリコンは使用していません

カルムーンシートはシリコンやゴムのような腐食性ガスを発生しませんので、電子基盤等の腐食が起こりません。

高い難燃性

難燃素材だから幅広い用途にご利用いただけます。

難燃認定品だから、もっと使える。

カルムーンシートは各業界の難燃認定、証明証を取得しています。これらを取得することで、建築、鉄道、船舶、航空機、電気機器の防音材・遮音材・制振材として使用することができます。

建築関連認定

適応製品:305K03S、305K58

カルムーン 難燃
認定機関 国土交通省
不燃認定番号 NM-0767

建築基準法第2条第9号の不燃認定を取得していますので、建築分野の防音材・遮音材・制振材として使用が可能です

船舶関連認定

適応製品:305K58

カルムーン 難燃
認定名 難燃性上張り材 一次甲板
床張り材
認定機関 国土交通省(JG) 日本海事協会(NK) EC TYPE
EXAMINATION(MED)
by NK ROTTERDAM
国土交通省(JG)
認定番号 第F-362号 06FPA35CV - 第F-361号

IMO FTPコード パートV 表面燃焼性試験(火炎伝播性)A653(16)およびパートVI 表面燃焼性試験(火炎伝播性)A653(17)に合格していますので、船舶分野の防音材・遮音材・制振材として使用が可能です。

鉄道関連認定

適応製品:305K03S

カルムーン 難燃
認定名 鉄道車両用材用の燃焼性規格「不燃性」
試験機関 社団法人 日本鉄道車両 機械技術委員会
試験番号 車材料燃試16-551-K

鉄道車両用材料燃焼試験により「不燃性」の認定取得をしていますので鉄道分野の防音材・遮音材・制振材として使用が可能です。

航空機関連認定

適応製品:305K03S、RSSK25

カルムーン 難燃
試験規格 CFR PART25.853(a) [Amdt.25-116]付録F Part1
試験機関 財団法人 日本化学繊維検査協会
試験結果 合格
電気製品関連認定

適応製品:305K03S、RSSK25

カルムーン 難燃
試験規格 UL94
試験機関 株式会社UL Japan
試験結果 305K03S:V-0相当
RSSK25:V-1相当

ノイズを低減

ノイズを低減し、原音の忠実な再現を可能にします。

ノイズを低減し、よりピュアに。

本来の音(原音)がその再生環境に左右され、人間の耳に忠実に聞こえないことが多くあります。カルムーンシートはこのような状況から、余計なノイズを低減し、より原音に近い状態で再生することを可能にします。
このカルムーンシートの技術を活かし自動車内の音質改善専用にカスタマイズされた制振・防音材がレアルシルトです。

不要倍音を抑制

低周波域で不要倍音を著しく低減し、波形の再現性を改善することができます。

カルムーン 素材

不要倍音とは・・・

原音中に100HZの音しかなかったとしても、環境による劣化で2倍(200HZ)、3倍(300HZ)・・・の周波数で発生する不要な音

原音音量を忠実に再現

低周波域で音量の再現性を著しく改善することができます。

カルムーン 素材

原音再生について・・・

原音1dBの増減に対し、再生音も忠実に1dB増減することが最適。音量変化1ということは原音を忠実に再生していることを示す。

事例のご紹介

鉄道車両、船舶など騒音低減事例のご紹介

騒音低減事例のご紹介

【鉄道車輌】 走行中の振動や騒音を低減し、快適な客室環境を提供
カルムーン 素材

カルムーンシートは新型新幹線(N700)の天井、壁部に採用されています。

【船舶】 航海中の振動や騒音を低減
カルムーン 素材

カルムーンシートは居住区の床や壁を始め、船舶の多くの箇所で使用されています。
溶接施工の様子はこちらから動画をご覧ください。

■納入先(国内)
今治造船(株)/旭洋造船(株)/新潟造船(株)/函館どつく(株)/福岡造船(株)/三井造船(株)/三菱重工業(株)/南日本造船(株)/ユニバーサル造船(株)  (50音順)
■納入先(海外)
Colombo Dockyard Ltd(Sri Lanka)

カルムーン 8ページ 納入先写真
【バイク】 走行中の振動や騒音を低減
カルムーン 素材

カルムーンシートは、バイクから発生する振動や騒音を低減するために、様々な箇所で使用されています。

【空調ダクト】 70%の施工面積で0.5mm厚の鉛と同等の性能を発揮
カルムーン 素材

カルムーンシートは鉛と比較して、70%の施工面積で同等の効果を発揮することができます。しかも、軽量なので、高所作業も安全・短期間に完遂することができます。

カルムーン 素材
【材料搬送系(工場)】 工場・プラントの騒音問題を簡単施工で解決
カルムーン 
【階段】 鉄階段特有の耳障りな音を低減
カルムーン 素材

製品仕様

製品仕様についてのご案内です。

カルムーン 素材

製品仕様

カルムーンシート
一般
カルムーンシート
船舶タイプ
カルムーンシート
アルミタイプ
品番 305K03S 305K58 RSSK25
入り数(枚/箱) 30 15 25
面積(m2/箱) 4.5 2.25 3.75
■サイズ/色/重量
カルムーンシート
一般
カルムーンシート
船舶タイプ
カルムーンシート
アルミタイプ
幅×長さ 300×500 300×500 300×500
材質 金属層 塗装溶接亜鉛
めっき鋼版
高耐食性鋼版 アルミニウム
樹脂層 塩素化
ポリエチレン系樹脂
塩素化
ポリエチレン系樹脂
塩素化
ポリエチレン系樹脂
厚み 金属層 0.3 0.8 0.2
樹脂層 1.0 0.5 1.7
総厚み 1.3 1.3 1.9
金属層 シルバー シルバー シルバー
樹脂層 ベージュ ベージュ ベージュ
重量(kg) 1枚 0.6 1.0 0.5
1箱 17 16 13
使用範囲
カルムーンシート
一般
カルムーンシート
船舶タイプ
カルムーンシート
アルミタイプ
使用温度範囲 60 60 80
曲面使用 ×
不燃、難燃認定
カルムーンシート
一般
カルムーンシート
船舶タイプ
カルムーンシート
アルミタイプ
建築 建築基準法「不燃認定」
船舶 「難燃性上張り材」
船舶 「一甲床張り材」
鉄道車輌 鉄道車輌用材料の燃焼性規格「不燃性」
航空機 CFR PART25.853(a)
[Amdt.25-116]付録F Part1
電気製品 UL94 V-0相当 V-1相当
物質規制対応
カルムーンシート
一般
カルムーンシート
船舶タイプ
カルムーンシート
アルミタイプ
RoHS
ELV
EU一般
リコール指令
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分