現場レポート

印刷用PDF(会員限定)

 

熊谷市で進められる市立中学校の改修工事。
トイレの排水管改修に、積水化学の耐火VPパイプが採用されました。綺麗に生まれ変わったトイレに積水化学の技術がどのように貢献したのか、株式会社マツモト設備 佐藤工事次長にお伺いしました。

 

埼玉県熊谷市 市立中学校のトイレ排水管改修に耐火VPパイプが採用_メイン

インタビュー:2019年9月3日
株式会社マツモト設備 工事次長 佐藤 祐一さん


工事のあらまし

全国的に公立学校施設における老朽化対策の必要性が高まっているなか、埼玉県北部に位置する熊谷市も例外ではなく、市立小中学校の施設改修が進められています。
トイレは、学校生活に無くてはならないもの。老朽化したトイレの使用に抵抗感を持つ生徒も少なくありません。綺麗に改修されることで気持ちよく使用でき、学習環境向上にも効果があると言われています。
今回、中学校のトイレ排水管改修に積水化学の耐火性硬質ポリ塩化ビニル管「耐火VPパイプ」が採用されました。

 

 発注者 :熊谷市
設備工事 :株式会社マツモト設備

 

これ以降はMYエスロン会員の方のみお読みいただけます。

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分