新着情報

印刷用PDF
最大震度6強以上が観測された事業体の被害確認結果

熊本県内で震度6強以上を観測した8市町村のうち、水道配水用ポリエチレン管を採用している7事業体の調査を行った結果、水道配水用ポリエチレン管は、147.7km布設されていましたが、被害は確認されませんでした。

熊本地震調査グラフ エスロハイパーリポート30

 

水道配水用ポリエチレン管布設箇所の現地調査

最大震度7を2回観測した益城町を中心に水道配水用ポリエチレン管の布設箇所を事前に確認した上で、現地調査を行いました。結果、舗装面及び周辺地盤に亀裂や垂直変位等が発生していましたが、特に問題なく供用されていました。

熊本地震調査グラフ エスロハイパーリポート30-2

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分