新着情報

青ポリ管(AW)+新サドル

給水装置引込み部の耐震設計法を確立。給水装置の耐震化に貢献します

昨今の大地震において給水管の被害が多数報告され、給水装置耐震化のニーズが高まっております。 一方で、給水管の耐震設計に関して、明確な基準は示されていませんでした。
積水化学では、建築設備用ポリエチレンパイプシステム研究会(PWA)に参加する会員各社と協議を進め、 地震動レベル2に対応できる給水装置引込み部を開発いたしました。

想定地震動と給水引込み部の耐震性能

想定地震動
レベル2地震動
給水引込み部の耐震性能
耐震性能2
当該施設の設置地点において発生すると想定される地震動のうち、最大規模の強さを有するもの 漏水しないこと、給水装置引込み部に発生するひずみが降伏域に達しないこと、地震後も継続使用が可能な性能を保持すること

※当研究会では、配水管の被害がなくても、給水装置に被害があれば、住民まで水を安定的に届けることが出来なくなると考え、配水管同等の耐震性能を確保することを目標としました。

既設配管からの取り出しに最適

埋設実験を実施し、認証委員会にて耐震性を検証いたしました

※ 学識経験者及び水道事業関係者からなる第三者委員会を設置、確認・検証を実施しました

給水装置引込み部には、地震動による配水管のすべりにより大きな変位が発生、破損・漏水等の原因となります。
認証委員会では、それぞれの配管システムに対して、埋設実験を行い耐震性能を確認いたしました。

埋設実験では、実際に配管した給水装置引込み部に強制変位を与え、性能を評価

耐震性を有する給水装置引込み部の事例

配水用ポリエチレン管から分岐する場合
融着式サドル、融着継手の組合せ
(融着一体化)
既設の金属製配水管から分岐する場合
耐震性を高めたサドル、融着継手の組合せ
既設の金属製配水管から分岐する場合
耐震性を高めたサドル、金属継手の組合せ

エスロハイパーJWページへ
エスロハイパーAWページへ
エスロハイパーJW・AW特設ページ

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分