製品紹介

FTR-N曲管は、離脱防止機能によりRCP(離脱防止ゴム付)と一体化し、直管部の地盤拘束力で曲管の移動を拘束。一体化構造により直管部に作用する土圧の地盤拘束力と曲管部に生じるスラスト力をつり合わせ、スラストブロックを省略できます。

製品情報

目次

特長

FTR-N曲管は、離脱防止機能によりRCP(離脱防止ゴム付)と一体化し、 直管部の地盤拘束力で曲管の移動を拘束します。一体化構造により直管部に作用する土圧の地盤拘束力と曲管部に生じるスラスト力をつり合わせ、スラストブロックを省略できます。

構成部材

離脱防止機能を有する曲管部は、FTR-N曲管+SUSワイヤ・RCP(離脱防止ゴム付)から 構成されます。

  • FTR-N曲管

  • SUSワイヤ
    ※FTR-N曲管と同時発送いたします

  • RCP(離脱防止ゴム付)

離脱防止の仕組み

優位性

(1)施工における優位性

従来の施工(RCP×FT-R曲管×スラストブロックの場合)と比較して RCP(離脱防止ゴム付)×FTR-N曲管は簡単作業で施工が完了。離脱防止に加え、施工日数を大きく削減できます。

FTR-3D
(2)コストにおける優位性

RCP離脱防止ゴム付(内圧5種)×FTR-N曲管なら従来配管と比較して同等以下のコストで離脱防止処理が可能です。

※従来配管
・RCP[内圧5種]×FT-R曲管×スラストブロック
・AL形ダクタイル鉄管[AL2種]×K形曲管[両受]×特殊押輪

FTR-3D
(3)軟弱地盤(酸性土壌のケースが多い)における優位性

・軟弱地盤では、沈下に伴い管が破損する可能性があり、軽量性が望まれます。

・更に、酸性土壌の場合、管が腐食することで漏水を起こす危険性があり、耐腐食性が望まれます。

・軽量で耐腐食性に優れた「FTR-N曲管」と「RCP離脱防止ゴム付(FRPM管)」を使用することで、軟弱地盤への追従性や腐食土壌での優位性を発揮することができます。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。

関連製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分