積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

Global

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

製品紹介 products infomation

SKライナー工法   インフラ.gif

<> 情報・通信用形状記憶塩ビ管更生工法

SKライナー工法

途絶えることのない情報・通信インフラのために。
ケーブル保護管内に自立管をスピード構築!

  • マイフォルダに追加

    ※ご利用には会員登録が必要です。

  • 製品情報

    SKライナー本文TOP

    更生管路の特長

    ●強度、耐久性、耐食性に優れた塩ビ自立管として更生。
    ●内面が滑らかで摩擦抵抗が小さくなるため、低荷重で容易にケーブルの引込みが可能。
    ●施工前後の物性が変わらないので品質の管理が容易。

    工法の特長

    ●形状記憶塩ビ管は、蒸気加熱のみで円形復元、完全更生。
    ●圧縮空気により既設管に密着。安全・確実に施工完了。
    ●スピーディな施工で工期短縮・コスト縮減。
    ●非開削だから住宅の密集する市街地でもスムーズな施工。
    ●有機溶剤を使用しないため、臭気の発生なし。火災の心配もなし。

    施工フロー

    1.既設管への引き込み

    ハンドホールよりS K ライナーを既設管に引き込みます。最長250mの管路を無接続で引き込み可能です。

    SKライナー手順1
    2.蒸気加熱で円形復元

    ボイラーユニット車よりSKライナーの内部に蒸気を送り込みます。蒸気によって加熱されたSKライナーは形状記憶効果により円形に復元します。

    SKライナー手順2
    3.圧縮空気により既設管と密着

    円形復元後、低圧の圧縮空気(約0.1MPa)を送り込むことで、既設管内面に密着します。低圧をかけたまま空気で冷却することにより、完全に密着して、耐久性、耐食性に優れた塩ビ管による更生管路が完成します。

    SKライナー手順3
    SKライナー配置
    この商品へお問い合わせ
    この商品へお問い合わせ

    ▲ Top

    ×

    3分で登録

    会員登録・ご利用は無料!
    さらに便利に利用できます