製品紹介

塩ビ配管の劣化調査に新手法!塩ビ管のトップメーカーとしての知見を活かして診断します。
薬液劣化は、複合的な要因で内面から発生するため症状も様々です。従って、最大7項目の試験を行うため流体を止めて配管を抜き取る必要があります。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
プラント抜管バナー

 
 

診断の概要

紫外線劣化診断・薬液劣化診断写真

工場配管のリニューアルに積水化学のプラント用管材

薬液劣化診断写真

 

関連製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分