製品紹介

製品紹介

[Ctrl]と[F]のキーを同時に押して検索窓を表示し、キーワードを入力頂くと該当箇所がマーカー表示されます。
目次
  1. 塩ビ管継手とは
  2. 塩ビ管継手の種類
  3. 塩ビ継手 (塩化ビニル管用継手)のいろいろなカタチ
  4. パイプと継手の組合せ
  5. 積水化学の硬質塩化ビニル管用継手

1. 塩ビ管継手とは

「継手」とは2つのモノを接合する。という意味合いの言葉ですが、本ページでは
塩ビ管(塩ビパイプ)と塩ビ管(塩ビパイプ)とを繋げる役割をもっている部材としての「継手」をご紹介いたします。

例えばまっすぐの塩ビ管が2本ある場合、この2本の塩ビ管を繋げて1本の長い塩ビ管にしたい場合に「塩ビ管用の継手」を用います。

「塩ビ管用の継手」には様々な形状が用意されており、まっすぐ繋げるもの、少し曲がって繋げられるもの、直角に曲がって繋げられるもの、異なるサイズのパイプを繋ぐものなど様々な形状があり、
住宅やオフィス、工場などで塩ビ管(塩ビパイプ)が使用されている所には、ほぼ必ずと言って良いほど「塩ビ管用の継手」が数多く使われています。

繋ぐパイプの種類、例えば水道(圧力管路)用のVPパイプと、排水(無圧)管路用のDVパイプでは使用できる継手の種類も変わりますので注意が必要になります。

塩ビ管用継手の正式名称

正式名称は「硬質ポリ塩化ビニル管継手」とされており、"塩ビ継手"ではなく"塩ビ管継手"なのですが、"管"の部分は省略して呼ばれる事が多いです。

素材(ポリ塩化ビニル)に関して

特徴

塩化ビニルの重合により得られる合成樹脂です

メリット

着色も自由で、可塑剤の多少により軟質(フィルム・シートなど)から硬質(パイプ・容器など)まで各種成型品を製造できます

デメリット

熱に弱く加熱すると軟化します

塩ビ継手の特徴

特徴

内面が滑らかで腐食に強く、金属管に比べ軽量で施工性にも優れます

使われる用途

水道管や下水道管などの液体だけではなく、気体を通す通気管やケーブルを通す保護管など、パイプがある所には必ずと言ってよいほど、継手も用いられます

2. 塩ビ管継手の種類

水道用のVPパイプを繋げる用の継手を"TS継手"。
排水用のVPパイプを繋げる用の継手を"DV継手"。
排水用のVUパイプを繋げる用の継手を"DV-VU継手"。
ゴム輪で接続する方式の継手を"RR継手"と名付けられています。
この「TS」、「DV」とはどの様な意味なのでしょう。

TS継手とは

TSは「Taper sized solvent welding method」から名付けられています。
ちょっと分かりにくいですね。単語を分解しますと

Taper sized=先細の
solvent=溶解力のある(溶剤、溶媒)
welding=溶接(する、される)、接合する、密着する
method=方法

となります。少し見えてきたでしょうか。
先に「solvent welding method」の部分から改めてみますと"溶接(溶着)する方法"と読み取れます。

ここで1点、疑問が出てきました。パイプとパイプを繋げる時は接着剤(例:エスロン接着剤 No.65S)を使うのだから、"接着"の単語である"adhesion"なのでは?と思いますが実は塩ビ管用の接着剤は、塩ビ管を少しだけ溶かしてパイプ同士やパイプと継手を"溶着"させる溶剤なのです。
ですので接着である"adhesion"ではなく溶着の"welding"という英語が当てられています。

続いて先細のという意味の"Taper sized"ですが、これは径や幅、厚みが先細りになっていることを表す英語です。

真っすぐのパイプを先が細っている継手に差し込むと、いつか細くなる部分に当たってしまいます(ここをゼロポイントと呼んでいます)。
この状態で接着剤(溶剤)を塗って差し込むと、細くなっている部分からの締め付け力と相まって強固な接着接合となり、圧力管にも耐えうる接合方式となります。

DV継手とは

DVは「Drain Vent」で"排水口"の事です。TSと比べていきなり簡単になりましたね。
内圧がかからない排水、通気用に用いるVP管の接続用途向けです。
TS継手では、テーパーが付いている分、継手内部に段差が出来てしまいますが
DV継手は無圧(自然流下)を想定している為、段差が無く流れやすい掃流性を重視する形状になっています。

DV-VU継手とは

内圧がかからない排水、通気用に用いるまではDV継手と同じですがVU管同士を接続する継手をDV-VU継手と言います。
VU管はVP管に比べて肉厚が薄いので、継手もVU管の肉厚に合わせた形状になっています。
DV-VU継手にVP管、DV継手にVU管を繋げてしまうと、段差や隙間が出来て詰まりや外れの事故に繋がりますので注意してください。

※呼び径200以上の大口径については、段差が生じる事になりますがVPパイプとVU継手の接続でも性能には大きな問題が無いという指針もあります。
(塩化ビニル管・継手協会発行 「建物排水通気用硬質塩化ビニル管・継手 技術資料(Q&A)」P.29より)
積水化学では、大口径VU継手としてφ200~φ400までご提供しております。

RR継手とは

こちらは"Rubber Ring"で接合する方式で、接着(接合)剤は使用しません。
継手の内側にゴム輪(ゴムリング)を取り付けられており、パイプとそのゴム輪(ゴムリング)に、よく滑る滑剤を塗り挿入する事で
ゴムの反発により接合する方法です。ゴムに可とう性がありますので、地盤変動にも追従する事が可能です。

3. 塩ビ継手 (塩化ビニル管用継手)のいろいろなカタチ

ソケット(水道用)/ソケット(排水用)

2本のパイプとパイプをまっすぐ繋げます。
英語で"受け口”の意味を持つ"Socket"から名付けられています。
ソケットの画像

エルボ(水道用)/90度エルボ(排水用)

90度に角度を付けてパイプを繋げます。英語で"肘"の意味を持つ"Elbow"から名付けられています。
水道用は単に"エルボ"と呼ばれ、こちらは90度。排水用は角度が名称の頭に付きます。
エルボの画像

45度エルボ(水道用)/45度エルボ(排水用)

45度に角度を付けてパイプを繋げます。こちらも同じく英語で"肘"の意味を持つ"Elbow"から名付けられています。
水道用、排水用ともに頭に45度という角度が付けられます。
45度エルボの画像

チーズ(水道用)/90度Y(排水用)

3本のパイプを繋げます。英語で"T字形"の意味を持つ"Tee"から名付けられています。
水道用では"チーズ"と呼ばれますが、排水用では90度Y(Y字に分岐するので)と呼ばれ役割は同じになります。
チーズの画像

キャップ(水道用)/VUキャップ(排水用)

パイプに蓋をして、行き止まりにする用途の継手です。英語で"帽子"の意味を持つ"Cap"から名付けられています。
VU管(VUパイプ)用のキャップには名称の頭に"VU”と付けられます。
キャップの画像

4.パイプと継手の組合せ

用途 接着剤 継手
給水 水道用硬質ポリ塩化ビニル管 VPW No.73S
No.75S
No.20S
TS継手
水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管 HI-VPW・G No.80S
No.20S
HI-TS継手・ゴールド
No.83Sホワイト
No.20Sホワイト
HI継手透明ブルー
給湯 耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管 HT No.100S HT継手
排水
通気
硬質ポリ塩化ビニル管 VP No.65S
No.73S
DV継手
No.73Sブルー
No.75SブルーN
No.73S UV
No.73S バイオレット
透明DV継手
硬質ポリ塩化ビニル管 VU No.70S
No.73S
No.75S
No.20S
DV-VU継手
No.73Sブルー
No.75SブルーN
No.73S
UVNo.73S バイオレット
透明DV-VU継手

5.積水化学の硬質塩化ビニル管用継手

エスロンTS継手(水道用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

水道用エスロンパイプの配管に使用する継手です。
ソケットやエルボ、チーズなど、サイズも豊富で、用途に合わせて多彩なバリエーションをご用意しています。

エスロンHI-TS継手・ゴールド(水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管継手)

水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管 エスロンHIパイプ・ゴールド+(プラス)用の継手です。

エスロンHI透明継手ブルー(水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管継手)

青色に薄く色付けされた透明の継手です。
HIパイプ・ゴールド+(プラス)、接着剤No.83Sホワイト、エスロンHI継手透明ブルーとの組み合わせにより、
パイプの挿入状況、接着剤の塗布状況が目視で確認できます。

エスロンDV継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

建物内雑排水、汚水排水、通気、雨水排水管に使用する継手です。
受口長さが短くテーパーも緩く設計されており、段差が生じません。

エスロンDVカラー継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

UR都市機構で採用されているカラー継手(シルバー色)です。
ただし、露出配管以外はグレー色(JIS規格)が認められています。

エスロンDVココア継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

ココア色に着色されたVPパイプ用の継手です。建物のカラーに調和し美観を損ないません。

エスロン透明DV継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

名前の通り、透明の継手です。接着状態を目視で確認でき接着剤塗り忘れによる漏水防止に威力を発揮します。

クエスチョンポイント

透明継手ってなに?

積水化学では透明の継手も販売しています。
では透明にするメリットって何でしょうか?

綺麗だから?確かに中にLED等のイルミネーションを入れたら幻想的なオブジェが出来るかもしれません。

でも実際にパイプを繋げる時にもとっても役立つのです。
パイプと継手を繋げる時、接着剤を付けて繋げる事が多いのですが塗り忘れると、大変!パイプと継手が外れてしまいます。

こんな失敗を防止する為に、透明の継手を用いて、パイプに色付きの接着剤を塗るのです。
そうすれば後で接着剤を塗り忘れていないかチェックする事ができ事故の防止に繋げることができるのです。
透明継手のイラスト

エスロンDV-VU継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

宅地内の屋外排水設備用の継手です。内部のストッパー寸法はVU管と同じ肉厚寸法のため、接合部内側に段差が生じません。

エスロン透明DV-VU継手(排水用硬質ポリ塩化ビニル管継手)

宅地内の屋外排水設備用の継手です。透明なので接着状態を目視で確認でき、接着剤塗り忘れによる漏水防止に威力を発揮します。

エスロンHT継手(耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管用継手)

従来の塩化ビニル管にくらべ、さらに高温域で安定して使用できる給湯配管用の継手です。

エスロンHTDV継手(排水用耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管継手)

厨房や建物の高温排水配管に使用する継手です。

エスロン透明HTDV継手(排水用耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管継手)

薄い黄色に着色された半透明の継手です。エスロンHT専用接着剤No.100Sグリーン(排水専用)を使用する事で接合状態を目視で確認可能です。

エスロンACドレン継手(空調ドレン用結露防止層付硬質塩化ビニル管用継手)

空調ドレン配管用のエスロンACドレンパイプ用の継手です。エスロンACドレン継手は発泡断熱層でおおわれているため、保温材なしで配管全体の結露が防止できます。

エスロン透明ACドレン継手(空調ドレン用結露防止層付硬質塩化ビニル管用継手)

空調ドレン配管用のエスロンACドレンパイプ用の透明継手です。
エスロン透明ACドレン継手は管と継手の接合部の接着状況が目視で確認可能です。
※透明ACドレン継手の接合には、エスロン接着剤No.73Sブルー、No.75SブルーN、またはNo.73S UV、No.73Sバイオレットをご使用ください。

クエスチョンポイント

エスロンパイプが発売された1952年当時は、トーチランプを用いてパイプを温め、パイプを柔らかくして形状を整えてパイプを接続する熱間工法を用いてパイプを接続していました。
ただ、雨天の場合や寒冷地での施工、作業をする方の習熟期間に課題が有ったために「継手」が開発され、現在では冷間工法(接着接合)による接合となっています。
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分