積水化学のPPP

管路の維持管理業務+長寿命化計画作成業務でライフサイクルコストの縮減を実現しました。

包括的管理業務の目的

1. 維持管理を事後対応型から予防保全型へ転換
2. 下水道サービスレベルの維持・向上、業務の効率化

包括的管理業務の事業概要

事業名
河内長野市下水道管路施設包括的管理業務
実施者
積水化学工業株式会社(代表企業)、管清工業株式会社、株式会社日水コン、一般財団法人都市技術センター、藤野興業株式会社の5者による共同企業体
実施場所
河内長野市内一部地域(開発団地6地区)
実施期間
2016年4月~2021年3月(5年間)

包括的管理業務の内容

1. 維持管理計画策定業務
(長期点検・調査計画、短期点検・調査計画、長期改築・修繕計画、短期修繕計画)

2. 計画的維持管理業務
(巡視点検、本管テレビカメラ調査、管きょ清掃、ポンプ場4箇所点検、蓋交換、修繕業務、 改築工事(部分改築、取付管))

3. 長寿命化計画策定業務(短期改築計画 新規3地区)
(マンホール、取付管、マンホールフタ)

4. 日常的維持管理業務
(住民対応、事故対応、他工事立会い)

包括的管理業務の事業スキーム

包括的管理業務の事業スキーム

  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム

大阪府河内長野市データ

市制施行
1954(昭和29)年
人口
105,161人(2019年5月末)
面積
109.63 km²
世帯数
47,430 世帯

大阪府の南東端に位置し、東は奈良県、南は和歌山県と接する。面積の7割を森林が占め、河川にも恵まれ肥沃な土壌を形成。
大阪都心まで約30分という交通至便の地にありながら、自然を満喫できること等から、市制施行以降、ニュータウン(新興住宅地)が造設され、ベッドタウンとなっている。

下水道整備状況

事業着手
狭山処理区 1975(昭和50)年
滝畑処理区 1998(平成10)年
計画人口
103,360人(事業計画)
区域面積
1,744ha(事業計画)、供用開始1,541ha
下水道普及率
93.2%
管渠延長
整備済み 約550km(汚水 約404km、雨水 約146km)
汚水管渠の内訳
開発団地 約152km、市街地 約247km
下水道整備状況

事例の詳細を表示

本管の長寿命化(改築)工事を含む初めての包括委託

包括的管理業務の目的

1.予防保全型維持管理による下水道施設の安定的かつ継続的機能発揮
2.効率的な 予防保全型維持管理の実現と経営の健全化
3.技術力構築と下水道 サービスレベルの維持・向上

包括的管理業務の事業概要

事業名
大阪狭山市下水道管路施設包括的維持管理業務
実施者
積水化学工業株式会社(代表企業)、管清工業株式会社、藤野興業株式会社、株式会社日本インシーク、一般財団法人都市技術センターの5者による共同企業体
実施場所
大阪狭山市全域
実施期間
2016年4月~2021年3月(5年間)

包括的管理業務の内容

1. 日常的維持管理業務
(住民対応、緊急対応、閉塞調査・解消等)

2. 計画的維持管理業務
(巡視点検、調査、清掃、修繕、本管改築工事)

3. 計画策定業務
(維持管理計画、事業継続計画)

包括的管理業務の事業スキーム

包括的管理業務の事業スキーム

  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム

大阪府大阪狭山市データ

市制施行
1987(昭和62)年
面積
11.92km²
人口
58,629人(2019年4月末)
世帯数
25,631世帯

大阪府南河内地域に位置し、日本最古の土木建造物である狭山池に代表される豊かな水と古い歴史と文化が息づく水と緑豊かな街。大阪市の中心部へ1時間以内でアクセスでき、東洋経済新報社の調査によると住みよさランキングが大阪府内で第2位となっている。

下水道事業概要

処理人口
58,501人(2018年度末)
人口普及率
99.9%
水洗化率
97.08%
下水道事業概要

事例の詳細を表示

これまで行われて来た管路施設の維持管理業務全てを包括委託

包括的管理業務の目的

1.予防保全型維持管理体制の確立
2.下水道施設の機能維持と寒冷地特有の管理を含めた 維持管理の効率化
3.下水道サービスレベルの維持・向上及び 技術・ノウハウの継承

包括的管理業務の事業概要

事業名
下水道管路施設維持管理業務
実施者
積水化学北海道株式会社
実施場所
岩見沢市公共下水道区域全域(2,363.50ha)
(岩見沢処理区 幌向処理区 栗沢処理区)
実施期間
2017年4月~2022年3月(5年間)

包括的管理業務の内容

1. 計画的業務
(巡視・点検業務、マンホールポンプ所保守点検、公共下水道管きょ清掃調査、下水道施設草刈り等 )

2. 緊急業務
(管路施設等緊急清掃、下水汚泥処理処分、雨水排水緊急対応作業、修繕業務、路面復旧、各種調査等 )

3. その他業務
(電子下水道台帳修正作業、他工事等立会業務、住民対応業務、事故対応業務、災害対応業務等 )

包括的管理業務の事業スキーム

包括的管理業務の事業スキーム

  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム

北海道岩見沢市データ

市制施行
1943(昭和18)年
面積
481.02km²(2018年5月末)
人口
80,951人(2019年6月末)
世帯数
41,700世帯

岩見沢市は、北海道空知地方にある市。空知総合振興局の所在地であり、旧国鉄が公認していた全国12か所の鉄道の町の一つでもある。
2006年3月27日に栗沢町・北村を編入合併した。観光地としては、玉泉館跡地公園やいわみざわ公園などがある。

下水道事業概要

処理人口
70,875人(2019年3月末)
人口普及率
87.37%
水洗化率
99.65%
下水道整備状況

事例の詳細を表示

政令指定都市で初めてとなる管路の包括委託を、地元企業と共に受託

包括的管理業務の目的

1. 一括委託による下水道サービスレベルの維持・向上と効率化
2. 予防保全型による老朽化対策

包括的管理業務の事業概要

事業名
堺市南部下水道管路施設維持管理等業務
実施者
藤野興業株式会社(代表企業)、株式会社トキト、利晃建設株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社日水コン、クリアウォーターOSAKA株式会社の6社による共同企業体
実施場所
堺市中区、南区、(西区:閉庁時緊急対応)
実施期間
2019年4月~2023年3月(4年間)

包括的管理業務の内容

1. 計画的点検・清掃等業務

2. 住民対応等業務

3. 管路施設調査業務

4. ストックマネジメント実施方針資料作成業務

5. 補修・修繕業務

6. 災害時対応業務

包括的管理業務の事業スキーム

包括的管理業務の事業スキーム

  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム

大阪府堺市データ

市制施行
1889(明治22)年
面積
149.82km²
人口
829,819人(2019年3月)
世帯数
357,187世帯

堺市は、大阪府泉北地域に位置する政令指定都市であり、市内の東西・南北約4キロメートルの範囲に百舌鳥古墳群が広がる。また、南区には高度経済成長期の住宅需要に応えるために緑豊かな住環境を有する泉北ニュータウンが造設されている。

下水道事業概要

処理人口
822,815人(2018年3月)
人口普及率
98.1%
水洗化率
94.6%
下水道整備状況

事例の詳細を表示

全国初! 下水道管路施設の改築更新を主たる業務とした予防保全型包括的民間委託

包括的管理業務の目的

1. 官民連携による下水道管路施設の機能維持・維持管理業務の効率化とサービスレベルの向上

2. 発生対応型維持管理から予防保全型維持管理へ転換し安定かつ継続的な下水道施設の機能維持

包括的管理業務の事業概要

事業名
柏市公共下水道管路施設包括的予防保全型維持管理業務
実施者
柏市公共下水道管路施設包括的予防保全型維持管理業務共同企業体(積水化学工業株式会社、株式会社奥村組、柏管更生有限責任事業組合、松戸環境整備事業協同組合、管清工業株式会社、株式会社東京設計事務所、パシフィックコンサルタンツ株式会社の7者による共同企業体)
実施場所
柏市全域
実施期間
2018年10月~2022年9月(4年間)

包括的管理業務の内容

1. 計画的維持管理業務
(巡視点検、管路内簡易カメラ調査(人孔含む)、 公共汚水枡点検、管路内目視調査)

2. 計画的改築業務(管路・人孔)
(計画的な改築に係る設計、計画的な改築工事)

3. ストックマネジメント実施計画関連業務
(点検調査データ管理、ストックマネジメント実施計画見直し)

4. 統括管理業務
(一元的統括管理、業務計画書・業務報告書作成)

5. その他業務
(地域貢献等企画提案に基づく業務)

包括的管理業務の事業スキーム

包括的管理業務の事業スキーム

  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム
  • 包括的管理業務の事業スキーム

千葉県柏市データ

市制施行
1954(昭和29)年
面積
114.74km²
人口
427,949人(2019年6月)
世帯数
189,190世帯

柏市は、千葉県北西部の東葛地域に位置する。中核市、業務核都市に指定されている。東に我孫子市・印西市、利根川を挟んで茨城県取手市・守谷市、南に鎌ヶ谷市・白井市、西に松戸市・流山市、北に野田市と隣接している。市中央部は東武野田線・JR常磐線、国道6号・国道16号が交差する交通の要衝となっており、Jリーグ柏レイソルのホームグラウンドがある。市北部はつくばエクスプレスが通り、大学、研究所、産学連携施設等により柏の葉キャンパス駅周辺地域に文教地区が形成されている。

下水道事業概要

事業着手
昭和35年
下水道普及率
90.3%(平成31年3月末)
区域面積
5,368ha(事業計画)
計画人口
37.88万人(事業計画)
管きょ延長
1,097km(汚水)、157km(雨水)、52km(旧合流)
下水道施設
柏ビレジ排水ポンプ場
下水道整備状況

事例の詳細を表示

積水化学のPFI事例

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分