新着情報

積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤 敬太、以下当社)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:平居 義幸)は、当社を代表とする5社による共同体を結成し、大阪府大阪狭山市が募集した公共下水道施設包括的維持管理業務の業務委託契約を締結しましたのでお知らせいたします。
本件は2016(平成28)年度から5ヵ年で実施していた同業務の契約期間終了に伴い、新たに2021(令和3)年度から5年間の委託業務として公募され、公募型プロポーザル方式による審査を経て優先交渉事業者として選定されていました。
今回契約を締結した業務の概要は以下の通りです。

事業の概要

実施事業名 大阪狭山市公共下水道施設包括的維持管理業務(第2期)
実施者 積水化学工業株式会社 (代表企業) 、管清工業株式会社、藤野興業株式会社、
株式会社日本インシーク、株式会社カンキョウ の5社による共同企業体
実施場所 大阪狭山市内
実施期間 2021(令和3)年4月1日より2026(令和8)年3月31日(5年間)
業務内容 ①日常的維持管理業務(全体マネジメント、住民対応業務等)
②計画的維持管理業務(点検、清掃、不明水調査等)
③ポンプ場およびマンホールポンプ維持管理業務
④計画策定業務(管路調査含む)
⑤修繕・改築工事(管更生工事等)

本業務は、第1期では管路施設のみを業務の対象としておりましたが、今回の業務から新たに中継ポンプ場およびマンホールポンプの維持管理業務が含まれることとなり、管路とポンプまでを一体とした維持管理を行うことでより効率的な下水道施設の維持管理を目指しております。また、第1期も改築工事(管路更生工事)が含まれた委託でしたが、今回の第2期も同様に改築工事が含まれた形態での委託となっております。
私たち積水化学工業を代表企業とする共同企業体では、本業務を通じて大阪狭山市民の皆さまへの下水道サービスの水準を向上させるとともに、下水道管路を計画的に維持管理することでライフサイクルコストの急増を抑え、大阪狭山市に貢献して参ります。

《「大阪狭山市公共下水道施設包括的維持管理業務」 実施にあたる共同企業体》

<代表企業:業務全体統括、日常的維持管理業務>
積水化学工業株式会社
(大阪府大阪市 取締役専務執行役員 環境・ライフラインカンパニープレジデント:平居義幸)

<構成企業:計画的維持管理業務>
管清工業株式会社
(東京都世田谷区 代表取締役:長谷川健司)

<構成企業:計画的維持管理業務、日常的維持管理業務、修繕・改築工事(工事)>
藤野興業株式会社
(大阪府富田林市 代表取締役:藤野正勝)

<構成企業:計画策定業務、修繕・改築工事(設計)>
株式会社日本インシーク
(大阪府大阪市 代表取締役:番上正人)

<構成企業:ポンプ場およびマンホールポンプ維持管理業務>
株式会社カンキョウ
(大阪府大阪市 代表取締役:瀧口明彦)


ご参考

積水化学のPPP
https://www.eslontimes.com/system/total/

本件に関するお問い合わせ先

積水化学工業株式会社
〒105-8566 東京都港区虎ノ門2‐10‐4(オークラプレステージタワー)

環境・ライフラインカンパニー
官需事業企画開発室 e-mail:ppp-pfi@sekisui.com

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分