新着情報

平成26年4月に公布された水循環基本法に基づき、健全な水循環の維持・回復などを目的とした取り組みを推進する官民連携の『ウォータープロジェクト』を環境省が立ち上げ、企業の水への取り組みの紹介や、国民に向けた情報発信が行われています。
◆参考 https://www.eeel.go.jp/water-project/

このプロジェクトの一環として、企業の水環境への取り組みを促進するべく、10月22日(木)、国連大学において「JAPAN Water Style(※)サミット」が開催されました。
※:「JAPAN Water Style」:水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」日本の水循環を、官民が連携してしっかり支えていくことを、環境省が企業や自治体などへ提案しているもの。

JAPAN Water Styleサミット2

 
当日は、平口環境副大臣の開会挨拶から始まり、海外における水環境等の最新動向、グローバル企業等の先進的な取り組み事例、機関投資家による企業の水リスクへの取り組みに対する評価等の情報提供が行われました。プログラムの1つである国内パネルディスカッションには、当社執行役員の藤井重樹が、パネリストとして登壇しました。

JAPAN Water Styleサミット

会場には各企業から200名を超える来場がありました。各社の事業と「水」との関わりについて紹介されたほか、事業活動と水の調達や利用についての様々な意見が述べられました。

 

今後の活動について

「エコプロダクツ展2015」(2015年12月10~12日 東京ビッグサイト[主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社)]に当社も出展しますが、期間中には「ウォータープロジェクト」のステージイベントも実施されます。

●ステージイベント概要
『JAPAN Water Styleミーティング』
 日 時:2015年12月11日(金)13:30~14:15
 会 場:東京ビックサイト 東ホール
 
この『JAPAN Water Styleミーティング』では、「JAPAN Water Styleサミット」に引き続き、当社執行役員の藤井が登壇する予定です。
また、エコプロダクツ展2015の開催までの期間、環境省「ウォータープロジェクト」のWebサイトには、ステージに参加予定の各企業代表者へのインタビューが掲載される連動企画も実施され、各社の水リスクへの考え方や取り組みをご確認いただけます。
当社執行役員の藤井重樹のインタビューが第1弾として本日より掲載されていますので、ぜひ、以下のWebサイトよりご覧ください。  
https://www.eeel.go.jp/water-project/interview/

●掲載予定
 第1弾 11月 9日(月)~ 積水化学工業株式会社
 第2弾 11月16日(月)~ 花王株式会社
 第3弾 11月24日(火)~ TOTO株式会社
 第4弾 11月30日(月)~ イオン株式会社

12/10に開幕するエコプロダクツ展の積水化学ブースならびに『JAPAN Water Styleミーティング』への皆様のご来場もお待ちしております。

(参考)積水化学の「Water Style」

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分