新着情報

 11月19日は2013年の国連総会において定められた『世界トイレの日』です。世界には衛生的なトイレにアクセスできない人が約25億人もおり、不衛生な生活環境が原因で毎年多くの子どもたちが命を落としています。

 一方で、日本においても災害時のトイレ機能の確保は、命と尊厳にかかわる重要な課題となっています。

 本フォーラムでは、被災時においても快適で衛生的な生活環境を守るにはどのようなトイレ環境が必要かを、医療現場や避難所現場から学びます。また、女性視点による“使いたいと思うマンホールトイレ”を具現化するため『マンホールトイレ整備・運用ガイドライン』を発表すると同時に、高校の女子生徒とのコラボレーションで「マンホールトイレの望ましい空間」を提案します。

 

開催概要

世界トイレの日「災害に備えるマンホールトイレシンポジウム」
マンホールトイレ整備・運用ガイドライン発表

●日時  2015年11月19日(木)13:00~16:40
●会場  日本科学未来館 7F “未来館ホール”
     〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3番地6号
●主催  国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部
●事務局 特定非営利活動法人 日本トイレ研究所
●参加費 無料

●申し込み方法 
1.氏名、2.所属先、3.メールアドレス、4.電話/FAX番号
をご記入の上、FAXまたはメール(件名に「1119マンホールトイレシンポジウム申込」と記載)にてお申し込みください。

(申込先)特定非営利活動法人 日本トイレ研究所“シンポジウム事務局”
     FAX:03-6809-1412 E-mail:web_ml@toilet.or.jp

開催概要はこちら

●アクセス ・新交通ゆりかもめ
       「船の科学館駅」徒歩約5分/「テレコムセンター駅」徒歩約4分
      ・東京臨海高速鉄道りんかい線
会場アクセスはこちら

 

◆参考 課題解決 防災・減災 『避難所の衛生環境改善』

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分