新着情報

積水化学グループは、12月12日(木)~14日(土)、
東京ビッグサイトにて開催された国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」~今つくる地球の未来~に出展しました。

環境・ライフラインカンパニーでは、現在仙台市と共同研究を行っている「管路内設置型下水熱利用システム」を始め「地中熱利用システム」も加えた、再生可能エネルギーを活用したインフラ提案や、老朽管を掘り起こすことなく新管同等に更生できる管路更生工法「SPR工法」、火力発電所から発生するフライアッシュを再利用した人工木素材「アシェラウッド」をはじめとしたリサイクル製品を展示しました。

環境・ライフラインカンパニーでは、今後もエネルギー、資源・水問題の解決に貢献してまいります。

環境・ライフラインカンパニーの出展品目

エネルギーゾーン

老朽管の耐震化・長寿命化と下水熱の活用を同時に実現 「管路内設置型下水熱利用システム」
地球上どこでも安定して活用できるエネルギー 「地中熱利用システム」

資源・水ゾーン

老朽管を掘り起こすことなく新管同等に更生 「SPR工法」
火力発電所から発生するフライアッシュを再利用した人工木素材「アシェラウッド」
リサイクル木粉・樹脂から生まれた最高耐久性デッキ材 「リファーレEX」
廃タイルとガラス粉から生まれたバルコニー用化粧材 「クレガーレ」
使用済み塩ビ管を原料として発泡層を組み込んだ高機能パイプ「リサイクル発泡三層管」

出展概要はこちら

※ご利用には会員登録が必要です。

この情報は参考になりましたか?

» 一覧へ戻る

あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分