製品紹介

<日本下水道協会規格 JSWAS K-17>

 リブカンイホールはリブパイプ専用の塩ビ製リブ付小型マンホールです。
 コンクリート製組立人孔と比較して、軽量で施工が容易な塩ビ製小型マンホール。
 リブパイプが直接接合できるリブ専用小型マンホール「エスロン リブカンイホール」もオールリブラインを構築するうえでかかせません。よりスピーディで経済的な施工と高機能ラインを実現します。

資料ダウンロード

  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。
  • 資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
  • 改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。
  • PDFデータはAdobeReaderの最新バージョンにてご利用下さい。

日本下水道協会規格 制定!!

2009年3月 JSWAS K-17 下水道用硬質塩化ビニル製リブ付小型マンホール が規格制定され、益々ご採用いただきやすくなりました。

オールリブライン!

 高剛性で軽量、砕石基礎適用可能なプラスチックリブパイプ。そのリブパイプ専用の塩ビ製小型マンホールが「リブカンイホール」シリーズ。
 リブパイプが直接接続できる流入および流出口を設けています。

ラインUP

 ベーシックな「リブカンイホール」と、流入口に自在受口を設けた「リブフラット流入側自在受口カンイホール」を品揃えしております。

  • リブカンイホール

 起点・ストレートをはじめ15度きざみの曲り、45度合流、90度合流等を品揃え。15度以内の屈曲に対しては、リブ本管自在継手での設置が可能。

リブパイプ 20070515 リブカンイホール
  • リブフラット流入側自在受口カンイホール

 流入側が自在受口構造となっており、勾配・曲げ設置が容易に!
 水平曲げは左右7.5°ずつ、勾配は水平より上側に15°までの任意角度に調整可能。
 また、自在受口は汚水溜まりが発生しにくい構造としており、
 下水道用の管路部材としては最適です。

リブパイプ 20070515 フラットホール
リブパイプ 20070515 フラット曲げ角度

関連製品

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
あなただけのエスロンタイムズMYエスロン登録3分