積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

Global

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

インデックスへ

【現場レポート】金沢大学附属中央図書館に新技術のクウチョウハイパーCHが採用されました

印刷用PDF(会員限定)
金沢大学クウチョウハイパー記事

加賀藩の種痘所を源流に150年を超える歴史を持ち、医療の発展と教育の充実に貢献しつづけている金沢大学。 その本部がある角間キャンパスにおいて暖房用ボイラーによる高温水の供給停止にともなう空調設備改修工事が実施されることになり、空調配管用高性能ポリエチレン管『クウチョウハイパーCH』が採用されました。

国立大学法人 金沢大学は1862年(文久2年)、加賀藩種痘所を源流とし、旧制第四高等学校や旧制官立金沢医科大学、金沢工業高等学校、石川師範学校などを母体に、19 4 9年(昭和24年)、新制国立金沢大学に統合された日本海側を代表する基幹的な総合大学です。150年にわたり学都・金沢の礎となるとともに、各方面に多彩な人材を輩出しています。
180万冊以上の蔵書数を誇り、貴重な資料等も保管されている中央図書館の空調機器設備配管リニューアル工事にクウチョウハイパーCHが採用されたことについて、金沢大学施設部管理課機械係長 改瀬貴弘さんにお話しをお伺いしました。

 

この度は、クウチョウハイパーCHをご採用いただき、ありがとうございます。
本工事は、熱源機器の改修にともなう空調設備改修工事とお聞きしております。詳しくお聞かせいただけますでしょうか?
金沢大学クウチョウハイパー記事

改瀬係長 はい。現在、暖房用に高温水を供給しているボイラーは角間キャンパスへの総合移転開始(平成元年)のごく初期に設置されたものです。

 


工事のあらまし

工事件名 : 金沢大学(角間)附属中央図書館空調設備改修工事
規  模 : 鉄筋コンクリート地下1階 地上3階建て  延べ床面積 10,476m2
発 注 者 : 国立大学法人 金沢大学
工  事 : 日栄商事株式会社
工  期 : 2017年6月~12月


 

中央図書館などにも高温水を供給していますが、ボイラーの老朽化にともない段階的に高温水の供給を停止していくこととなりました。熱源機器の更新など、新たな空調環境を構築することになりました。

 

中央図書館の空調設備改修工事もその一環でしょうか?

改瀬係長 そうですね。中央図書館の場合、高温水供給停止によって暖房用の熱不足が生じるため、図書館3階の室外機器設置スペースにある冷温水系統の既設機器の脇に新たなモジュールチラーを設置します。

これ以降はMYエスロン会員の方のみお読みいただけます。

インデックスへ

この情報は参考になりましたか?
はい
いいえ

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます