積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

インデックスへ

【現場レポート】空調新製品『クウチョウハイパーCH』ふくしま医療機器開発支援センターにて採用

印刷用PDF(会員限定)
ふくしま医療機器開発支援センター記事

復興への重点プロジェクトである医療関連産業集積を一層加速させるための拠点として、福島県が整備を進めてきた『ふくしま医療機器開発支援センター』。本センターは、医療機器の安全性評価、企業のマッチングやコンサルティング、医療従事者のトレーニング等を総合的に実施し、医療機器の開発から事業化までを一体的に支援する医療機器開発支援拠点となります。

インタビュー:2016年9月28日 株式会社久米設計 環境技術本部 主管 伊藤 欽章さん / セコムエンジニアリング株式会社 橋本 勲さん


工事のあらまし

ふくしま医療機器開発支援センターは、大型動物を使用した生物学的試験(埋植試験等)により海外の基準にも適合した医療機器の安全性評価が行える国内唯一の公的試験機関となります。
規  模:建築面積:約6,077m2、延べ面積:約11,529m2
発 注 者:福島県
設 計 者:株式会社久米設計
空調設備工事:セコムエンジ・内藤・エヌエスJV
本センターの空調設備配管として、積水化学の新製品であるクウチョウハイパーCHが採用。この度は、設計を担当しました久米設計 伊藤さんと、空調設備を担当しましたセコムエンジニアリング 橋本さんにインタビューさせていただきました。

ふくしま医療機器開発支援センター記事

新技術の空調配管クウチョウハイパーCH!

ふくしま医療機器開発支援センターのプロジェクトの概要をお聞かせください。

伊藤氏 福島県は国内屈指の「医療機器生産県」です。医療機器受託生産、医療用機械器具の部品等生産はともに全国トップクラスであるほか、オリンパスなど大手医療機器製造企業の生産拠点が数多く立地しています。
県ではこのような特徴を活かし、復興への重点プロジェクトとして、産学官連携による医療機器関連分野の集積を図る『うつくしま次世代医療産業集積プロジェクト』を進めています。

これ以降はMYエスロン会員の方のみお読みいただけます。

インデックスへ

この情報は参考になりましたか?
はい
いいえ

▲ Top