積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

製品紹介 products infomation

管路更生工法(上水道、下水道、農水、工業用水)オメガライナー工法/取付管更生工法   インフラ.gif

<日本下水道協会規格2類認定資機材> 硬質塩化ビニル製管更生材

管路更生工法(上水道、下水道、農水、工業用水)オメガライナー工法/取付管更生工法

【オメガライナー工法】

工場で管理された状態で製造されたオメガライナーは、蒸気による加熱のみで円形に復元。現場では管の断面形状を円形に戻すだけで、化学反応(硬化反応)の必要もなく、安全確実、スピーディに施工が完了します。

【オメガライナー工法 取付管更生工法】

曲がり、段差にもシワなく追従し、本管と取付管を完全接続。

  • 資料ダウンロードはこちら
  • マイフォルダに追加

    ※ご利用には会員登録が必要です。

  • 製品情報

    【オメガライナー工法】

    オメガライナー工法の特長

    蒸気加熱のみで円形にスピード復元。安全性、確実性の高い管きょ更生が実現。
    工場で管理された状態で製造されたオメガライナーは、蒸気による加熱のみで円形に復元。現場では管の断面形状を円形に戻すだけで、化学反応(硬化反応)の必要もなく、安全確実、スピーディに施工が完了します。

    オメガライナー工法 復元

    強度・耐久性・耐食性・水理性に優れた 塩ビ管路に更生。
    円形復元したオメガライナーはJSWAS K-1の偏平強度をクリアする自立管です。既設管の劣化度合いを問わず、耐久性、耐食性、水理性、水密性に優れた自立管として更生します。
    ※オメガライナーR(I)(自立管タイプ)の場合

    オメガライナー工法 復元

    施工フロー

    1.既設管への引込
    マンホールよりオメガライナーをウィンチで既設管に引き込みます。

    オメガ引込motion081127

    2.蒸気加熱で円形復元
    ボイラーユニット車よりオメガライナーの内部に蒸気を送り込みます。蒸気によって加熱されたオメガライナーは形状記憶効果により円形に復元します。

    オメガライナー工法 加熱

    3.圧縮空気により既設管と密着
    円形復元後、低圧の圧縮空気(0.5~1.5kgf/cm2)を送り込むことで、既設管内面に密着します。低圧をかけたまま空気で冷却することにより、完全に密着して、耐久性,耐食性に優れた塩ビ管による更生管路が完成します。

    オメガライナー工法拡径

    オメガライナー工法の基本仕様

    1.更生目的
     1)管きょ強度の復元(自立強度もしくは耐外水圧強度)
     2)漏水・浸入水の止水
     3)掃流性/設計流量の向上
     4)木の根の侵入防止

    2.オメガライナーのタイプについて
     1)オメガライナーR(I)(自立管タイプ)
       自立埋設強度を持ち、更生管単体でも土圧に耐えるため、
       既設管の損傷の程度にかかわらず全く新しい強固な管路として復元させることが出来ます。

     2)オメガライナーR(II)(二層構造管タイプ)
       腐食やクラック等により、既設管渠が損傷状態にあるが、既設管渠の残存強度を期待
      できる場合に使用します。更生管が既設管に内接して、既設管と共に外力を負担し、
      土圧に耐えます。

     3)オメガライナーLn(ライニングタイプ)
       既設管の損傷程度が比較的軽く、既設管が土圧を負担できる場合に使用します。
       地下水に対する耐外水圧強度は確保しており、地下水位が高く、更生管に地下水圧が
      直接かかっても問題ありません。

                   オメガライナー仕上がり最小肉厚    (単位:mm)

    既設管呼び径オメガライナーR(I)オメガライナーR(II)オメガライナーLn
        150     5.4     -    2.6
        200     7.2     4.3    3.5
        230     8.2     4.9    4.0
        250     8.9     5.3    4.3
        300    10.7     6.4    5.2
        350    12.5     7.4    6.1
        380    13.6     8.1    6.6
        400    14.3     8.5    7.0
        450    -     9.6    8.0
    SPR工法協会はこちら
    SPR工法協会

    【オメガライナー工法 取付管更生工法】

    先貼り方式

    本管との接続部は塩ビ製サドルと止水ゴムで一体化することにより高い水密性を発揮。オール塩ビでの更生が可能。

    適用条件:管口の崩落がなく、オフセットの程度が少ない場合に適用可能

    取付管更生工法_先貼り方式
    接合部後処理方式

    本管側の管口の止水をFRPで行うことで、管口部分への形状追随性、止水性、施工性が大幅向上!

    適用条件:多少の管口の崩落やオフセット等にも適用可能

    取付管更生工法_接合部後処理方式
    特長

    ■既設管の曲りや段差にシワなく追従。45°、90°の曲管部も美しい内面に!
    ■取付管のみの更生でも対応可能

    取付管更生工法_特長

    資料ダウンロード

    資料データは本日時点での最新版を掲載しています。
    改良のため予告なく仕様変更する場合がありますので、設計にご利用の際はその時の最新データをご確認ください。

    この商品へお問い合わせ
    この商品へお問い合わせ

    ▲ Top