積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

ライニング鋼管・継手施工時の注意

ライニング鋼管の切断方法について

ライニング鋼管の切断に使用できない切断工具は、どんなものがありますか?
例えばローラー式パイプカッターで切断した場合、管端に反りが発生し、継手コアを破損させ、腐食による赤水や穴あき漏水の原因になる可能性があります。

解説

ローラー式パイプカッターで切断すると管端面に反りが発生し、管端防食継手のコア部に当たり、コアが破損することで、管端防食継手の機能を損なう場合があります。

管端の返り部分がコアに当たる

バツ:ローラー式パイプ カッター
ローラー式パイプ カッター

バツ:高速砥石カッター
高速砥石カッター

●高速砥石カッターで切断した場合、切断時の熱によるライニング鋼管内面の塩ビが変形、はくりする場合があります。

対策

金鋸盤、帯鋸盤(バンドソー)・丸鋸盤などを用いて切断部に高熱や反りが発生しないようにしてください。

丸

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます