積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

設計・運転時の注意

給湯器の異常高温について

給湯器廻りのHTパイプが膨らんで破壊しました。
原因と対策を教えてください。
HTパイプの使用上限温度である、90℃を越える高温水か蒸気が流れたと考えられます。

解説

給湯器が故障すると、90℃を越える高温水か蒸気が流れる場合があります。
その場合、HTパイプ・継手は膨張破壊します。

【壁掛け給湯器の事例】

給湯器 HTパイプ膨張

【機械室ボイラーの事例】

ボイラー HTパイプ膨張

対策

給湯器が故障しておりますので、配管のみ補修してもまた同じ事故が発生することが予想されます。
給湯器メーカーに相談し、給湯器を修理するか新しい給湯器に変更してください。

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます