積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

塩ビ管・継手の施工

インサート給水栓継手について

インサート給水栓継手の施工上の注意点を教えてください。
インサート給水栓継手は、金属製の管や継手、水栓が直接ねじ込まれます。
塩ビ継手は金属と比較すると機械的強度が弱いため、特に以下の点で注意が必要です。

対策

注意

ねじ接続部にはシールテープまたはガスケットをご使用ください。

シールテープ ガスケット

バツ液状シール剤は使用しないでください。

成分中の有機溶剤により継手が破損、漏水することがあります。

シール剤

注意

テーパーねじをねじ込み過ぎると、継手が破損、漏水することがあります。

JIS B 0203管用テーパーねじ

継手が無理に拡径され、破損・漏水することがあります。

継手が無理に拡径され、破損・漏水

注意

継手をしっかり固定してください。

座付き給水栓エルボ
〈座付き給水栓エルボ〉

給水栓エルボ
〈給水栓エルボ〉

給水栓ソケット
〈給水栓ソケット〉

給水栓チーズ
〈給水栓チーズ〉

固定しないと荷重により管、継手が破損し、漏水することがあります

荷重により破損

注意

厨房等、周囲が高温になる場所では使用しないでください。

水栓が加熱→継手に熱が伝わり破損・漏水

熱影響を受ける部分は金属管など耐熱性の高い管材をご使用ください。

注意

持ち出し栓(ザルボ)を使用する際は締め過ぎにご注意ください。

丸:標準ねじ込み

バツ:締め過ぎ

ねじの短い持ち出し栓の場合
継手のねじ受口に食い込み、拡径し、金属インサートと塩ビの界面が破壊されて漏水することがあります。

ねじの長い持ち出し栓の場合
雄ねじが継手奥に当り、金属インサートと塩ビの界面が破壊されたり、継手奥部が破壊されて漏水することがあります。

注意

継手をしっかり固定した上で、水栓をねじ込んでください。

継手をしっかり固定し、水栓をねじ込む

バツパイプレンチを掛けないでください。

継手が傷ついたり、締め過ぎとなりやすく破壊・漏水の原因となることがあります。

外面傷

やむをえず継手を押さえる場合は、ベルトレンチやストラップレンチをご使用ください。

外面傷なし

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます