積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

塩ビ管・継手の施工

RR接続時のゴム輪外れについて

RR接続で、ゴム輪が外れて漏水しました。
原因は何ですか?
管をRR受け口に挿入する際、管端部がゴム輪を巻き込み、外れることがあります。ゴム輪が外れた状態では圧力配管の場合は漏水、無圧配管の場合は漏水または周囲の水が浸入する可能性があります。

解説

挿入管端部の面取り不足、ゴム輪への滑剤未塗布により、ゴム輪を管内に押し込み漏水することがあります。

丸:面取りあり バツ:面取りなし ゴム輪脱輪

対策

RR接続を正しく行うために、下記の注意事項を守ってください。

1.面取りをしてください

面取り施工標準

本管 取付管

2.ゴム輪を正しく装着してください

〈ゴム輪の確認をしてください〉
1. 砂等の異物の噛み込みがないこと
2. 正しく装着されていること(方向・ズレがないこと)

ゴム輪

3.滑剤を適切に塗布してください

滑剤は正しい位置に塗布してください。ゴム輪の外側(管受け口との接触面)に塗布するとゴム輪の外れの原因となります。
※滑剤はエスロン滑剤ベルソープをご使用ください。
グリスや油等を用いるとゴムが劣化し、漏水や侵入水が発生します。

事故例

管挿入時にゴム輪を押し込んでしまいゴム輪が外れ、漏水が発生。

漏水

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます