積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

塩ビ管・継手の施工

TS工法【4】
接続時の保持について

TS工法で、管を継手に挿入後、保持しないとどのような不具合がありますか?
一定時間保持(挿入力を掛け続ける)しないと、管が抜け戻ります。抜け戻ると接着強度が低下し、水圧で抜けることがあります。
保持時間は口径や季節によって時間が定められています。

解説

保持の注意

接着接合では、挿入後すぐに手を離すと管が抜け戻ります。
管を挿入したら、一定時間挿入した状態で保持してください。

テーパーのため、抜け戻ります

接着接合の保持時間(標準)

  呼び径 φ50以下 φ65~300 φ350
保持時間 夏季 30秒以上 1分以上 3分以上
冬季 2分以上 5分以上

挿入の注意

1. 接着剤を塗布した後、速やかに管・継手を接続してください。

2. 管を挿入する場合は、ひねらずに一気に標線まで挿入し、そのまま保持してください。

標線まで確実にまっすぐに挿入

3. 斜め挿入による挿入不足に注意してください。

管が入らない

4. 重機による挿入やたたきこみによる挿入は管や継手の破損につながります。

継手の破損、漏水の原因となる

5. 一度、抜け戻った管を再び挿入しても接着不良とります。管・継手を交換してください。

事故例

保持不足による抜け戻り事故例

抜け戻り(12mm)
※口径φ65の場合

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます