積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

塩ビ管・継手の施工

TS工法【2】
接着剤塗布時の注意(その1)

TS工法で、接着剤の塗りムラ(塗れていない部分)があるとどのような不具合がありますか?
接着剤の塗りムラがあると、接着強度不足による管の抜けや、水みちができて漏水することがあります。

対策

丸:薄く・ムラなく・塗り残しのないように塗布
薄く・ムラなく・塗り残しのないように塗布してください

バツ:片塗り・塗り残し
片塗り・塗り残し

接着接合を正しく行うために、下記の注意事項を守ってください。

1. 接着剤を塗る前には、管・継手の塗布部分の水分・ホコリ・油をウエスで拭き取ってください。
 水分・ホコリ・油などは接着不足の原因となります。

管や継手の水分を排除
管や継手の水分を排除

2. 接着剤は塗りすぎないでください。接着剤に含まれる溶剤蒸気でソルベントクラック(亀裂)を生じる可能性があります。

バツ:塗りすぎ注意

3. 接着剤を塗布した後は、速やかに挿入してください。
 温度が高いほど乾きやすく、乾いた状態では接着不良となります。

4. 夏季の高温時や、大口径管への塗布には2名作業が有効です。

接着剤を塗る前に

接着剤は、溶剤臭気のしないものや、ゼリー状になっているものは、接着不良になる可能性が高いため、使用しないでください。

事故例

事故例1

接着剤が塗られていない

事故例2

接着剤が塗られていない(抜け事故)

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます