積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

塩ビ管・継手の特性

HIパイプの梱包について

エスロンHIパイプはなぜ全梱包しているのですか?
管が直射日光(紫外線)にさらされて劣化し、耐衝撃性が低下することを防ぐために全梱包としています。

解説

硬質塩化ビニル管の紫外線劣化について

塩ビ管が直射日光に長時間曝露されると、紫外線及び酸素等の作用により、パイプ表面に薄い硬化層が形成され、微細なクラック(亀裂)が発生します。このクラックがノッチ効果として働くために、耐衝撃性能が低下し、割れやすくなります。

パイプ表面に硬化層が形成され、クラックが発生 屋外曝露後衝撃強度(口径20ミリ)

対策

エスロンHIパイプゴールドは全梱包のまま保管してください。
また、保管場所は原則屋内とし、やむをえず屋外に保管するときにはシート掛けなどで直射日光を避けるとともに、熱気がこもらないように風通しの良い状態に保ってください。

エスロンHIパイプゴールド+(プラス)は、紫外線等により劣化しにくい高耐侯製品です。
これによりHIベルパイプは従来の全梱包が不要となり、両端のみの梱包とすることでゴミを約半分に減らすことができました。
またプレーンエンド管についても、ポリエチレンフィルムによる省梱包としております。

※保管方法は上記と同様です。

旧梱包→ベル新梱包 プレーンエンド新梱包 屋外曝露後衝撃強度(口径20ミリ)

一覧へ戻る

▲ Top