積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

PE管・継手の施工

湧水地での施工について

湧水地では、どのように施工したらよいですか?
湧水地等では、陸継ぎ施工や管端を持ち上げ施工するなどして、融着部が水に浸からないように施工してください。

解説

融着面に水分が残っていると加熱時に水分が蒸発することで熱が奪われ、加熱不足となったり、蒸気により、融着部に空隙ができて融着部の強度が低下する原因となる可能性があります。

対策

施工時に融着面や機器が濡れないようにしてください!

湧水地でのEF接合

●陸継ぎ施工を利用する
陸継ぎ施工を利用する
●管端を引き上げて施工する
管端を引き上げて施工する
●継手掘りを行い、ポンプで水を汲み出して施工する
継手掘りを行い、ポンプで水を汲み出して施工する
※水が回避できない場合は、メカニカル継手を使用して接合する方法もあります

事故例

泥水に使っていた部分が溶けていない

一覧へ戻る

▲ Top

×

3分で登録

会員登録・ご利用は無料!
さらに便利に利用できます