積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

PE管・継手の施工

清掃時の洗浄液について

清掃の際、アセトンを使用しないとどのような不具合がありますか?
指定の洗浄液を使用しない場合、融着面の汚れが拭き取れず十分な融着強度が得られない可能性があります。

解説

融着面の洗浄液には、泥・油汚れを良く落とし、かつ揮発性の高いアセトンが適しています。
またエタノールを使用する場合は、純度の高いものを使用します。

対策

ポリエチレン管の清掃は原則としてアセトンを使用してください!

無水エタノール 消毒用エタノール
無水エタノール 消毒用エタノール

代替品としてエタノールを使用する場合の注意事項

・純度95%以上のエタノール(無水エタノールを含む)を使用してください。消毒用エタノールは含水量が多く乾き難いため使用しないでください。

・エタノールは乾燥しにくいので、融着の際は十分乾燥してから実施してください。特に冬場の低温時は注意してください。

無水エタノール

エタノールの平均乾燥時間

気温毎の平均乾燥時間
( 参考時間 )
-10℃ -5℃ 23℃ 40℃
120秒 105秒 60秒 5秒

※アセトンの場合、各温度とも5秒以内で乾燥します。

一覧へ戻る

▲ Top