積水化学 環境・ライフラインカンパニーのポータルサイト

English

SEKISUI エスロンタイムズ QRコード

a

お探しの製品・資料名を入力して下さい(カナは全角)

よくある質問 FAQ

一覧へ戻る

PE管・継手の施工

融着施工(スクレープ)について

スクレープをしないと、どのような不具合がありますか?
管のスクレープをしない場合、十分な融着強度が得られず、管の抜け、漏水が発生する可能性があります。

解説

管のスクレープをしないで融着を行った場合、管表面の酸化被膜が十分に溶融されず、不良の原因となります。
※ スクレープされていない場合、インジケータが出ても十分な融着強度が得られません。

対策

ポリエチレン管は必ずスクレープしてください!

作業方法

管端のスクレープ
管端のスクレープ
EFサドル使用時のスクレープ
EFサドル使用時のスクレープ
スクレープあり
スクレープあり
スクレープなし
スクレープなし
スクレープあり 継手内面は、スクレープをしない!
継手内面は、スクレープをしない!

事故例

スクレープなしによる事故例

スクレープなしによる事故例

一覧へ戻る

▲ Top