ホーム

管理組合の方(大規模修繕)

住人・オーナーの方(リフォーム)

マンションの大規模修繕、配管更新、リノベーション・リフォームとも東京、大阪を中心とした地域で対応しております

どこに頼もうか?とお悩みでしたら

0120-999-130 受付時間 9:00~17:30 土日・祝日も承ります

メールフォーム

責任施工システムの『リニューアル フローチャート』

リニューアル工事においては、塗装工事はもとより足場架設工事、下地補修工事、防水工事、機能改善工事など、建築仕上全般にわたる責任施工体制が求められます。高品質なトータルメンテナンスを目指すために、お客さまとの十分なコミュニケーションを図りながら、ご相談から調査診断、施工、アフターケアに至るまでの細分化された工程マニュアルに基づいて各専門スタッフが全力で取り組みます。

1. お問い合せ・ご相談

それぞれの建物特性や条件に合わせて、計画から竣工までのコンサルティングを行います。

2. 調査・診断

配管診断

ひび割れ巾測定
目視による診断
給水システム・付帯設備などの劣化状況を診断します。
※目視による簡易診断は無料です。
浮き調査
非破壊検査による診断
目視で診断できない箇所を、検査器具を使用して診断します。
コンクリート中性化測定
抜管など一部破壊を伴う診断
設備の一部に簡易工事を行い、部位の状況を診断します。
長期間使用された配管内部の状態
診断結果の報告
配管メーカーである積水化学工業(株)の知見を基に公正な判定を行い、診断報告書を作成・提出します。

建物診断

※ 大規模修繕工事(屋上防水・外壁塗装等)は、配管改修工事を手がけている「積水アクアシステム」の業務提携先「ニットクメンテ(株)」を紹介させていただきます。

現況劣化の進行度合いチェックや各種測定を実施し、診断報告書として提出、工事仕様を企画・立案します。

ひび割れ巾測定
ひび割れ巾測定
建物のひび割れがどの程度広がっているか、漏水の問題はないかなどを綿密に調査します。
浮き調査
浮き調査
剥落の危険があるモルタル面やタイル面の浮きの発生状態を、テストハンマーや赤外線によって調査します。
コンクリート中性化測定
コンクリート中性化測定
外壁改修のための前段として、外気と接しているコンクリート部位の中性化の進行を診断。中性化防止の対策を検討します。
コンクリート強度測定
コンクリート強度測定
コンクリートの強度は、鉄筋コンクリートの構造耐力、耐久性に大きく影響します。(シュミットハンマーで)測定し状況を診断します。
塗膜付着力測定
塗膜付着力測定
経年によっておこる塗膜の付着力の劣化度を建物の部位別に測定します。
塗膜劣化調査
塗膜劣化調査
建物の塗膜の色の変化や褪色、チョーキング現象などについて調査します。

3. 見積り

入念な現場調査と図面確認に基づき、工事仕様書と見積予算書を作成します。

4. 契約

工事請負契約書を作成し、保証期間・内容、支払い等の諸条件を双方が確認、合意の上、契約締結します。

5. 近隣挨拶・工事説明会

居住者に対して作業内容や注意、お願い、規制事項などを公開する工事説明会を開催します。
近隣住民に対しては工事期間中のご理解を得るため、その説明を工事担当者が
お客さまに代わって挨拶に廻ります。

6. 施工

経験豊富な技術スタッフと協力作業員による工事施工チームを編成。
工種別仕様書やマニュアル化された作業手順書によって、高品質な施工管理を行います。

配管改修工事例

共用部の排水立て管は、「エスロン耐火VPパイプ、耐火DV継手」で施工。軽量で、施工性に優れた配管材料を使用することにより、排水制限時間を短縮し、居住者様のご負担を低減しました。

1. 専有部内養生
1. 専有部内養生
2. 壁開口
2. 壁開口
3. 既設排水管
3. 既設排水管
4. 新設排水管
4. 新設排水管
5. 内装復旧
5. 内装復旧
6. 工事完了
6. 工事完了

大規模修繕工事例

※ 大規模修繕工事(屋上防水・外壁塗装等)は、配管改修工事を手がけている「積水アクアシステム」の業務提携先「ニットクメンテ(株)」を紹介させていただきます。

責任施工
責任施工
お客さまの日常生活の安全性と快適性を確保しながら、円滑に工事を進めていきます。
仮設工事
仮設工事
安全で合理的な足場架設によって作業能率の向上を図り、養生シートや安全通路の設置で居住者の生活動線を確保します。
防水工事
防水工事
塗膜系からシート系防水まで、建物形状や立地特性・環境条件に適した各種防水工法を提案し、建物を漏水や劣化から守ります。
下地補修工事
下地補修工事
建物の耐久性や仕上りに大きく影響するコンクリート下地の調査や補修は重要です。塗料メーカーとの連携調査と診断結果をもとに、その劣化傾向を分析し、適切な工法考案と確実な補修を行います。
塗装工事
塗装工事
施工技術面だけでなく、周辺の環境に配慮したカラーデザインの提案も可能にし、資産価値と美観の向上改善を実現します。
シーリング工事
シーリング工事
シーリング材にはサッシ廻りの確実な水密機能と建物の目地部ムーブメントの追従性が求められます。適切な材料配合と十分な撹拌により硬化不良や破断を防止する施工を行います。

7. 検査

工程内の主要検査タイミングに合わせて専任スタッフが現場に出向き、
お客さまの立会いのもと、独自のチェック項目に基づいた品質維持検査を行います。

8. 竣工検査

工事完了前に最終社内検査を実施し、更に竣工検査にてお引き渡し前の
最終チェックを行います。

9. 引渡し

工事写真や工事保証書とともに、使用材料一覧や出荷証明書類等を
竣工図書として発行いたします。

10. アフターケア

竣工後のフォローアップ担当窓口と担当者を明確に開示し、
契約書に基づく自主点検を行います。

Copyright (C) SEKISUI CHEMICAL CO., LTD

page top